****** 教会は、ヘブル的ルーツとつぎ合わされることで回復し、完成します。******

Παῦλος

Παῦλος パウロ

  • その生涯の略歴(キリストの使徒となり,殉教までの約34年間)
年 代事   項
紀元33年ダマスコ途上で回心するが、パウロが青年期であったことは間違いない。
33~36アラビヤに3年間隠遁
36~46エルサレム(2週間)に行き、その後、故郷タルソで生活を送る
46~48バルナバによってアンテオケ教会へ導かれ、第1回伝道旅行がはじまる。
48ガラテヤ人への手紙執筆
49エルサレム教会会議
49~52第2回伝道旅行
50~51テサロニケ人への手紙執筆
53~58第3回伝道旅行
55~56コリント人への手紙執筆
57ローマ人への手紙執筆
58最後のエルサレム訪問
58~60カイザリヤ幽閉
60~61ローマへの旅
61~63ローマでの軟禁、獄中書簡の執筆
63釈放
63~67自由な活動 スペイン伝道、牧会書簡執筆
67再逮捕投獄、 Ⅱテモテ執筆
殉教(ネロ皇帝による)

「新キリスト教辞典」参照

a:1504 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional