****** 教会は、ヘブル的ルーツとつぎ合わされることで回復し、完成します。******

δόξα

δόξα  栄光

  • エペソ1:6の「それは」とは、「神がみこころのままに、私たちをキリストによってご自分の子にしようと、愛をもってあらかじめ定められておられたこと」を指します。その目的は、神が「私たちに与えてくださった恵みの栄光が、ほめたたえられるため」であると記されています。
  • 「恵みの栄光」がほめたたえられるための最も良い例証は、花が咲くことです。例えば、カーネーションの種が土の中にまかれます。それが土から生長してくると、花が咲きます。カーネーションの花の姿、色、美しさは、すべて小さなカーネーションの種の中に含まれています。しかし、その種が土から生長して花が咲くまで、だれもこの容姿、色、美しさを見ることはできません。花はその種の栄光です。開花することは種の栄光を現わすことです。なぜなら、花が咲くことによって種の栄光が現されるからです。
  • 神の子どもによって、父なる神の「恵みの栄光」がほめたたえられることが神のご計画の目的です。「栄光」ドクサδόξαは、本来、最も重い事柄を意味します。。私たちがキリストにあって選ばれ、子とされた恵みは、この宇宙において最も重い事柄なのです。

a:1441 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional