****** 教会は、ヘブル的ルーツとつぎ合わされることで回復し、完成します。******

「神を知ること」を安易に考えてはならない

文字サイズ:

6. 「神を知ること」を安易に考えてはならない

【聖書箇所】ホセア書 6章1~11節

ベレーシート

【新改訳改訂第3版】ホセア書 6章1~3節
1 「さあ、【主】に立ち返ろう。主は私たちを引き裂いたが、また、いやし、私たちを打ったが、また、包んでくださるからだ。
2 主は二日の後、私たちを生き返らせ、三日目に私たちを立ち上がらせる。私たちは、御前に生きるのだ。
3 私たちは、知ろう。【主】を知ることを切に追い求めよう。主は暁の光のように、確かに現れ、大雨のように、私たちのところに来、後の雨のように、地を潤される。」

  • 上記の箇所の3節は、かつて当教会(空知太栄光キリスト教会)において長期にわたって週報の表紙に掲げられて来た聖句です。とても励まされるすばらしい呼びかけだと信じていたからです。しかし今回の瞑想で、このみことばは、1~3節というコンテキストの中に置かれていることばであり、そのコンテキストから考えるならば、3節の呼びかけは必ずしもその真意を理解して語られているのではないことに気づかされました。
  • 「主を知ることを切に追い求める」ということを、果たして正しく理解しているのかどうか、自己点検を迫られることばなのです。うわべのことばの美しさに私たちは惑わされてはならないのです。

1. 安易な「悔い改め」と希望的観測としての「主を知ること」

  • ホセア書6章1~3節には、「主に立ち返る」ことと、「主を知ることを切に追い求める」こととが語られています。この二つのことは密接に連動しています。「主を知る」ためには、神への真の「立ち返り」が求められます。もし、エフライム(北イスラエル)の民がここにある呼びかけに正しく答えていたとするなら、亡国の憂き目を経験することはなかったはずです。しかしそうなってしまったのは、この呼びかけが意味することを安易に考えていたからに他なりません。
  • そもそも、この1~3節のことばはいったい誰が語ったのでしょうか。ある人はホセアが語ったものであると解釈しています。しかし私はそうは思いません。当時のアッシリヤの台頭に伴う度重なる試練と苦難を通して、イスラエルの民の中から「さあ、(私たちは)主に立ち返ろう。」(1節)、「私たちは、知ろう。主を知ることを切に追い求めよう。」と呼びかける者たちが現われて来たと考えられます。このことは実にすばらしいことです。ところがそうした呼びかけが、4節以降では主に非難されているのです。つまり、呼びかけと実際の生き方が異なっていたからです。
  • 「主は私たちを引き裂いたが、また、いやし、私たちを打ったが、また、包んでくださるからだ。」(1節)ということは決して間違ってはいないのです。ところが、問題は、2節です。
    主は二日の後、私たちを生き返らせ、三日目に私たちを立ち上がらせる。
  • 「二日の後」も「三日目」も同義ですが、ここの言葉は、「三日目に」イェシュアが復活するという預言でも、またイスラエルの回復を預言しているのでもありません。単に「短い間に」という意味です。つまり、当時の人々の安易な悔い改めによる早急ないやしと自己本位的な希望的願望を示唆するものです。
  • 今日も、「傷ついた者に対するいやし」のメッセージが多く語られています。しかし、真のいやしがもたらされる源泉としての「主を知る」ことの真意は、必ずしも伝えられてはいないのです。「主を知ることを切に追い求めよう」との呼びかけは、言うは易しで、実は簡単なことではないのです。「主を知る」ためには多くの時間を必要とします。愛し合って結婚した夫婦でも必ずしも当初から相手のことを良く知っているとは言えません。夫婦が多くの出来事を共に経験する中で、はじめてお互いのことが良く分かってくるものです。神とイスラエルの民の場合も同様です。ですから、「主を知る」ということを安易に考えてはならないのです。

2. 「あなたがたの誠実は朝もやのようだ」とする主の叱責

  • 「知る」ということは、結婚の契約を結ぶ当事者にとって、生涯をかけて取り組むべき重大な課題です。「主を知る」ことも同様です。主のために多くのこと(働くことやささげることなど)をしている者が、必ずしも「主を知っている」とは言えないのです。「主を知る」とはどういうことかを瞑想する必要があります。手掛かりとしては聖書から学ぶことです。自分の体験だけで「主を知る」ことは自己本位的な枠に支配されることになります。その枠内にとどまっているだけでは、主がこれからなそうとされる永遠のご計画については知り得ません。主と同じ視点をもってその完成のためにいっしょに歩くことはできません。
  • 神とイスラエルの関係は「夫と妻」という契約関係です。神ご自身が要求し、かつ喜ばれる関係は「夫婦」としてのゆるぎない関係ですが、その関係を回復するためには、妻であるイスラエルの民が夫である「主」を知る必要があるのです。そのためには、妻である主の民が主に立ち返るだけでなく、切に「主を知る」ことが必要です。神とイスラエルの完全な回復はメシア王国の到来によって実現します。そのときはじめて主と主の民は、確固とした「知り、知られる」関係となるのです。これがエレミヤの言う「新しい契約」(31章31~34節)です。

【新改訳改訂第3版】エレミヤ書31章31~34節
31 見よ。その日が来る。──【主】の御告げ──その日、わたしは、イスラエルの家とユダの家とに、新しい契約を結ぶ。
32 その契約は、わたしが彼らの先祖の手を握って、エジプトの国から連れ出した日に、彼らと結んだ契約のようではない。わたしは彼らの主であったのに、彼らはわたしの契約を破ってしまった。──【主】の御告げ──
33 彼らの時代の後に、わたしがイスラエルの家と結ぶ契約はこうだ。──【主】の御告げ──わたしはわたしの律法を彼らの中に置き、彼らの心にこれを書きしるす。わたしは彼らの神となり、彼らはわたしの民となる。
34 そのようにして、人々はもはや、『【主】を知れ』と言って、おのおの互いに教えない。それは、彼らがみな、身分の低い者から高い者まで、わたしを知るからだ。──【主】の御告げ──わたしは彼らの咎を赦し、彼らの罪を二度と思い出さないからだ。」

  • 神の歴史はその方向へと確実に進んで行きます。それゆえ、「御国が来ますように」と祈らなければなりません。「主の祈り」は、まさにメシアの地上再臨によって実現する終末論的な祈りなのです。


2015.4.10


a:2952 t:1 y:1

powered by Quick Homepage Maker 5.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional