****** 教会は、ヘブル的ルーツとつぎ合わされることで回復し、完成します。******

あなたの若い日に、あなたの創造者を覚えよ

文字サイズ:

伝道者の書は「光なき人生の虚無から、まことの光に生きることを指し示す」最高のテキストです。

12. あなたの若い日に、あなたの創造者を覚えよ

【聖書箇所】12章1~14節

ベレーシート

  • 「コーヘレット」(伝道者)は知恵を深めるにつれ、多くの人々に「知恵」を教えました。彼は多くの格言を吟味し(良く考え、思索して)、尋ねきわめ(探求し、研究して)、多くの格言(箴言)をまとめ(編集し)ました(12:9)。その彼が最終的な結論を出しているのが「伝道者の書」の最終章(12章)です。それゆえ、私たちはその結論に耳を傾けるべきです。

1. あなたの若い日に、あなたの創造者を覚えよ

【新改訳改訂第3版】伝道者の書 12章1節
あなたの若い日に、あなたの創造者を覚えよ。わざわいの日が来ないうちに、また「何の喜びもない」と言う年月が近づく前に。

【新共同訳】
青春の日々にこそ、お前の創造主に心を留めよ。苦しみの日々が来ないうちに。「年を重ねることに喜びはない」と/言う年齢にならないうちに。

(1) 冒頭の接続詞が意味すること

  • 12章1節は「ヴェ」(וְ)という接続詞で始まっています。ということは、その前に書かれていることと関係していることを意味しています。多くの聖書がこの接続詞を訳していないのは不思議です。すでに11章9節に「若い男」「若い日」(青春時代)という言葉があります。「若い男(若い者)」は「バーフール」(בָּחוּר)、「若い日」は「ベフーロート」(בְּחוּרוֹת)で、伝道者は若い者に向かって、若さを喜び、青春時代を心の赴くままに謳歌せよと語っています。しかし同時に「すべての事において、あなたは神のさばきを受けることを知っておけ。」と釘を刺しているのです。もし、神を認めない人生を送るならば、「若さも、青春も、むなしいからだ」(11:10)としています。そしてこの後に12章1節が続いているのです。1節の冒頭の接続詞「ヴェ」(וְ)の訳は、「したがって」が適当かと思います。「したがって、あなたの若い日に、あなたの創造者を覚えよ。」となります。

(2) 「覚えよ」という訳語について

  • 「覚えよ」と訳されているヘブル語は「ザーハル」(זָכַר)の命令形「ゼホール」(זְכֹר)です。この動詞を新共同訳は「心に留めよ」と訳し、岩波訳は「思い起こせ」と訳しています。私は「心に据えよ」と訳したいと思います。
  • だれをあなたの心に据えるのか、それは「あなたの創造者」です。最近、創造主訳聖書が出版されました。その聖書では「神」(「エローヒーム」אֱלֹהִים)をすべて「創造主」と訳しています。では12章の「創造者」をどのように訳しているかといえば、それは「造り主」です。しかもその「造り主」は複数形で、動詞「バーラー」(בָּרָא)の分詞複数形「ボールエー」(בּוֹרְאֶי)です。なぜ複数形になっているのかと言えば、「神」を意味する「エローヒーム」が畏敬の複数形であるのにならってそうしていると考えられます。いずれにしても、「あなたの造り主(創造者)を心に据えよ」、これが伝道者コーヘレットが次世代の者たちに訴えているメッセージなのです。
  • しかも、このメッセージをさらに強めるために、「わざわいの日が来ないうちに、また『何の喜びもない』と言う年月が近づく前に。」とあります。「わざわいの日が来ないうちに。」と「『何の喜びもない』と言う年月が近づく前に。」は、同義的パラレリズムです。つまり、老年になる前に、「あなたの造り主(創造者)を心に据えなければならない」というのです。おそらくそれは、神を心に据えるということを学ぶためには多くの時が必要だからだと考えます。それは伝道者自身が身をもって経験したからではないでしょうか。老年期において「何の喜びもない」というのは、若い時に自分の創造者を心に据え、神を尋ね求めることをしてこなかった帰結なのです。神を求めることは生涯の探求です。それゆえ、伝道者は若い者に、青春時代に神を心に据えて、神を尋ね求めるようにと諭しているのです。

2. 老年の描写

  • 2節から6節までは、「老年の描写」がなされている箇所です。ここでは、老人の肉体の各部分の描写と他の比較を交えて、老年期を描写しています。 「太陽と光、月と星が暗くなり、雨の後にまた雨雲がおおう前に」(2節)。老年になると、目はかすみ、光を楽しむことが少なくなっていくし、元気な若い時には、雨のあとに必ず晴天が訪れ、太陽が昇ると考えていたのに、老年になるとそうはいかなくなるというのです。
  • このように、伝道者の書12章1節にある「わざわいの日」とは老年の日々を意味しています。老年そのものは、厳しく冷たい現実であり、その先に必ず訪れる死もまた悲しい現実です。この二つをまともに見据えるならば、人生はまことにむなしいものとならざるを得ません。それゆえ1節で、伝道者は「あなたの若い日に、あなたの創造者を覚えよ(心に据えよ)」と忠告し、慰めと希望の道があることを告げているのです。「輝く老い」か、あるいは「陰る老い」か、それは青年時代からすでに始まっているのです。

3. 伝道者の結論的メッセージ

  • 伝道者の書の最後の最後には、「結局のところ」(「ソーフ・ダーヴァール」סוֹף דָּבָר)ということばでコーへレットの結論が示されています。その要約は二つの事柄です。ひとつは「神を恐れること」であり、もうひとつは「神の命令を守ること」です。これがすべての人間(「ハ・アーダーム」הַאָדָם)としての本分なのだとしています。自分本位に生きている者からは、鼻先であしらわれる結論に違いありません。
  • 「神を恐れる」というのは、神と人とのかかわりを規定する巨大なフォルダです。そのフォルダの中には「神を神とすること、自分が神によって造られた被造物であること、神なしには生きられないことを知ること、神を信じること、神こそ信頼に足る方であること、神に逆らえば勝ち目はないこと」などの知識を含みつつ、そこから派生する様々な人間の感情が含まれています。
  • 「神の命令を守る」とは、その神が語られることを聞いて、それに従うことです。「命令」と訳されていますが、原語は「ミツヴァー」(מִצְוָה)です。普通、「仰せ」と訳されます。神の「仰せ」とは、日常の行動の細々とした指針というよりも、幹となるような太い命令を意味します。それは、人が本来自由に生きることができるために与えた神の愛の忠告であり命令でした。神のご支配の中で「思いのまま食べてよい」とあるように、自由をもって生きるための命令であり忠告です。ところが人はその神の愛の忠告(仰せ)にではなく、サタンの言うことに聞き従ってしまいました。この罪によって地にあるすべてが歪曲されてしまったのです。
  • コーへレットが探求して来たその結果として行き着いた究極の結論、それはキリストの必要性を暗に示唆しているのです。この二つの結論が完全に実現する世界は、神のご計画においては、メシア王国であり、さらなる先の永遠の御国においてです。その御国はすでに始まっていますが、それは信じる私たちの心の中においてであり、それはまだ種のようなものです。「種」といえども、それは神のいのちの種であり、その種が心の中にあるのとないのとでは雲泥の差です。
  • 使徒パウロはコロサイ書で次のように記しています。

【新改訳改訂第3版】コロサイ書3章2~4節
2 あなたがたは、地上のものを思わず、天にあるものを思いなさい。
3 あなたがたはすでに死んでおり、あなたがたのいのちは、キリストとともに、神のうちに隠されてあるからです。
4 私たちのいのちであるキリストが現れると、そのときあなたがたも、キリストとともに、栄光のうちに現れます。

  • もし、コーヘレットにこの神のご計画における光がなかったとしたなら、彼が行き着いた結論は絶望でしかありません。しかし彼が、これがすべての人間の本分だとしたのは、「日の下」にあって、永遠の希望の光の種を見出したからに他なりません。

2016.3.31


a:6233 t:4 y:5

powered by Quick Homepage Maker 5.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional