****** 教会は、ヘブル的ルーツとつぎ合わされることで回復し、完成します。******

おきて①

「おきて」① חֹק ホーク

画像の説明

  • 「おきて」ホークחֹק(choq)は旧約129回、詩篇30回。
    (※新改訳では、詩篇2:7のみ「定め」と訳され、119:171のみ「みおきて」と訳されています。)
  • ちなみに、申命記での「おきて」ホークחֹק(choq)は21回使われています。
    フッカーחֻקָּה(chuqqah)は8回です(NIV訳ではすべてdecressと訳されています)。
  • イスラエルの民がエジプトから解放される前の夜、主はモーセを通して過越しのいけにえとして羊をほふり、その血をかもいと二本の門柱につけるように言いました。主がその血を見てさばきを過ぎ越されるためでした。そして、主は「このことを、あなたとあなたの子孫のためのおきてとして、永遠に守りなさい。」と言われました。つまり、過越の祭りの制定ですが、これを「おきてחֹק」としています。トーラーのようにまとまった教えという形ではなく、神の歴史の中での出来事を契機に与えられる定め、あるいは制定された決まりごとと言えます。
  • 詩篇ではほとんど、decrees, decree, と訳されています。
    70人訳聖書ではディカイオーマタ(δικαίωματα)と訳しています。つまり、「戒め」と同じ訳が当てられていることになります。

【新改訳改訂第3版】
詩 2:7
「わたしは【主】の定めについて語ろう。主はわたしに言われた。『あなたは、わたしの子。きょう、わたしがあなたを生んだ。』」
詩 50:16
しかし、悪者に対して神は言われる。「何事か。おまえがわたしのおきてを語り、わたしの契約を口にのせるとは。
詩 81:4
それは、イスラエルのためのおきて、ヤコブの神の定めである。
詩 94:20
おきてにしたがって悪をたくらむ破滅の法廷が、あなたを仲間に加えるでしょうか。
詩 99:7
主は、雲の柱から、彼らに語られた。彼らは、主のさとしと、彼らに賜ったおきてとを守った。
詩 105:10
主はヤコブのためにそれをおきてとして立て、イスラエルに対する永遠の契約とされた。
詩 105:45
これは、彼らが主のおきてを守り、そのみおしえを守るためである。ハレルヤ。
詩 147:19
主はヤコブには、みことばを、イスラエルには、おきてとさばきを告げられる。


詩 119:5
どうか、私の道を堅くしてください。あなたのおきてを守るように。
詩 119:8
私は、あなたのおきてを守ります。どうか私を、見捨てないでください。
詩 119:12
【主】よ。あなたは、ほむべき方。あなたのおきてを私に教えてください。
詩 119:23
たとい君主たちが座して、私に敵対して語り合ってもあなたのしもべはあなたのおきてに思いを潜めます。
詩 119:26
私は私の道を申し上げました。すると、あなたは、私に答えてくださいました。どうか、あなたのおきてを私に教えてください。
詩 119:33
【主】よ。あなたのおきての道を私に教えてください。そうすれば、私はそれを終わりまで守りましょう。
詩 119:48
私は私の愛するあなたの仰せに手を差し伸べ、あなたのおきてに思いを潜めましょう。
詩 119:54
あなたのおきては、私の旅の家では、私の歌となりました。
詩 119:64
【主】よ。地はあなたの恵みに満ちています。あなたのおきてを私に教えてください。
詩 119:68
あなたはいつくしみ深くあられ、いつくしみを施されます。どうか、あなたのおきてを私に教えてください。
詩 119:71
苦しみに会ったことは、私にとってしあわせでした。私はそれであなたのおきてを学びました。
詩 119:80
どうか、私の心が、あなたのおきてのうちに全きものとなりますように。それは、私が恥を見ることのないためです。
詩 119:83
たとい私は煙の中の皮袋のようになっても、あなたのおきてを忘れません。
詩 119:112
私は、あなたのおきてを行うことに、心を傾けます。いつまでも、終わりまでも。
詩 119:117
私をささえてください。そうすれば私は救われ、いつもあなたのおきてに目を留めることができましょう。
詩 119:118
あなたは、あなたのおきてから迷い出る者をみな卑しめられます。
彼らの欺きは、偽りごとだからです。
詩 119:124
あなたの恵みによってあなたのしもべをあしらってください。
私にあなたのおきてを教えてください。
詩 119:135
御顔をあなたのしもべの上に照り輝かし、あなたのおきてを教えてください。
詩 119:145
私は心を尽くして呼びました。【主】よ。私に答えてください。
私はあなたのおきてを守ります。
詩 119:155
救いは悪者から遠くかけ離れています。彼らがあなたのおきてを求めない
からです。
詩 119:171
私のくちびるに賛美がわきあふれるようにしてください。あなたが私にみおきてを教えてくださるから。


  • 他に、「おきて」と訳される名詞フッカーחֻקָּה(chuqqah) decress, ordinance, があります。このフッカーחֻקָּה(chuqqah)は、旧約104回、詩篇では以下のように3回です。

【新改訳改訂第3版】
詩 18:22 主のすべてのさばきは私の前にあり、主のおきてを私は遠ざけなかった。
詩 89:31 また、もし彼らがわたしのおきてを破り、わたしの命令を守らないならば、
詩 119:16 私は、あなたのおきてを喜びとし、あなたのことばを忘れません。


powered by Quick Homepage Maker 5.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional