****** 教会は、ヘブル的ルーツとつぎ合わされることで回復し完成します。******

イエスのインプットとアウトプットのバランス

13. イエスの「インプット」と「アウトプット」のバランス

聖書箇所 4章31~44節

はじめに

  • イエスが自分の故郷において、福音宣教の宣言をしてから最初の活動の記録が記されています。イエスの初期の働きはカリラヤ湖の北岸にある「カペナウム」を中心に行われます。
    今回の聖書箇所にもイエスの公生涯を要約するような事柄か示唆されています。

1. イエスの霊的な力の源泉

  • ルカの福音書4章31~44節におけるきわめて対象的な事柄は、働きとしての「アウトプット」と、静まりによる「インプット」とのバランスです。「インプット」の記述は4:42の「朝になって、イエスは寂しい所へ出て行かれた。」という1節のみですが、この1節がすべての働き、ここでは「悪霊の追い出し」やいろいろな「病気のいやし」を支えているのです。
  • ルカとマルコはイエスの「インプット」を次のようにしるしています。

    ルカ4:42
    「朝になって、イエスは寂しい所へ出て行かれた。」


    マルコ1:35
    「さて、イエスは、朝早くまだ暗いうちに起きて、寂しい所へ出て行き、そこで祈っておられた。」

  • ルカはイエスが朝になって、寂しい所へ出て行かれた目的については特に記しておりませんが、それは当然、御父と共に過ごす祈りのためでことが含まれています。マルコの「祈っておられた」の原語は、「プロセウコマイ」προσεύχομαιの未完了形、中態、直説法です。未完了形は、過去の動作や習慣の継続、または反復を意味します。それゆえここでのニュアンスは「イエスは朝早く、寂しい所へ出かけていき、そこで自分のために(中態)祈ることを習慣としていた。」ということになります。ルカ5:16ではそのニュアンスを「イエスご自身は、よく荒野に退いて祈っておられた。」と記しており、イエスの祈りの生活が継続的であったことを伝えています。
  • 「寂しい所」も「荒野」も、あるいは「人里離れた所」も原語はすべて同一で「エレーモス」
    ερημοςです。人気のない、静かな場所です。そうした場所を持つことは霊的にきわめて重要です。一人になれる場所で、神と過ごす時をイエスは自分の生活において何にも優って優先されていたのです。しかも十分な霊的「インプット」によって、4章31節以降に記されている忙しい働きをすることができたと言えます。
  • イエスの祈りの生活は、「神の国の福音を宣べ伝える」働きをするために、自らの霊的装備として必要不可欠なものでした。忙しければ忙しいほど霊的な装備は多く要求されます。ですから、「忙しいから祈りができない」というのは何の理由にもならないのです。神の子どもは聖霊によって導かれなければなりません。聖霊は祈りの霊です。神の子どもとして生きるための必要を満たすべくその源泉に導く方です。
  • イエスの祈りの内容については神秘の中に包まれています。だれもそれを覗き見ることができません。神秘に満ちていますが、その祈りの内容について垣間見ることはできます。それは、後にイエスの働きの力の源泉が祈りにあることを気づいた弟子たちが、自分たちにも祈りを教えてほしいと願ったときに教えられた「主の祈り」にあります。しかし、そのシンプルな祈りはあくまでも祈りのアウトライン(概要)に過ぎず、その内容はきわめて奥深いものがあります。ですから、単に、「主の祈り」を通り一遍唱えて終わりというような祈りではなかったのです。
  • 霊的な「インプット」と「アウトプット」。祈りと働き。隠遁と公現。静寂と活動。そのバランスを正しく保てていないことが今日の多くのクリスチャンの現実ではないかと思います。イエスの場合、御父との親しい交わりしての祈りのあふれが、具体的な働きとなって現わされたのです。多くの人々の問題に深くかかわるその中心に、ひとり退く時が必要なのです。
  • それゆえ私たちは祈りの祭壇を建て上げなければなりません。それは単に祈りの課題を祈るということではありません。聖書は神とのかかわりのすべてを「祈り」と言い表しているからです。

2. イエスの働きに対する驚きの反応

(1) 悪霊たちの驚き

  • イエスの権威に対していち早く応答したのは、なんと悪霊たちでした。彼らはイエスが何者であるかを正しく認識したのです。4:41には、「彼らはイエスがキリストであることを知っていた」とあります。それは悪霊たちにとって敗北を意味しました。
  • 多くの群衆はイエスの教えに驚きを示しましたが、悪霊たちのように「イエスがキリストであることを知る」には至りませでした。イエスの生涯の終わりまで多くの人々(指導者も群衆も)はイエスがキリストであることを正しい意味で悟ることはできませんでした。常にスレ違いが起こったのです。このスレ違いは今日においても同じく起こり得っていると思います。ただそのことに気づかないだけです。

(2) 多くの人々

  • イエスは神の国の支配の現われとして、霊的な束縛にある者たち、病に苦しむ者たちを解放するために悪霊を追い出し、多くの病をいやされました。それゆえ瞬く間にイエスの評判は広がったのです。
  • すでに12歳のイエスに対する驚きを取り上げました⇒参照「12歳のイエスに対する驚き」が、ルカはイエスに対する「驚き」をいろいろな語彙で表しています。しかしそれは驚くことには当たりません。なぜなら日本語にも「驚き」を表わす語彙が数多くあるからです。たとえば、

    動詞の語彙として
    驚く、驚き入る、舌を巻く、驚嘆する、驚愕する、びっくりする、どっきりする、仰天する、跳び上がる、肝を潰す、肝を冷やす、腰を抜かす、息を飲む、耳を疑う、意表を突かれる、度肝を抜かれる、呆れれる、呆気に取られる、目が点になる・・など。

    名詞の語彙として
    驚き、驚異、衝撃、ショック、インパクト、奇蹟、晴天の霹靂、寝耳に水、驚天動地、震天動地・・など。

それぞれの驚きの語彙は微妙にニュアンスを異にしています。

  • ルカが4章で使っている驚きの語彙を拾ってみます。

    (1) 4:22
    「みなイエスをほめ、その口から出てくる恵みのことばに驚いた。」
    「驚いた」は「サウマゾウ」θαυμαζω新約で43回。非常に驚くこと、はなはだしく驚き怪しむ、不思議がる。ルカでは1:21/1:63/2:18/4:22/7:9/8:25/9:43/11:14/11:38/20:26/24:12/24:41/


    (2) 4:32
    「人々はその教えに驚いた。」
    ここでの「驚いた」の原語は「エクプレーッソウ」εκπλησσω 新約では13回。ルカ文書では、福音書2:48/4:32/9:43、使徒13:12。たまげて唖然となる、仰天する、驚愕するといった意味です。


    (3) 4:36
    「人々はみな驚いて、互いに話し合って・・」
    ここでの「驚いて」は名詞が使われています。「サムボス」θαμβοςが使われています。ルカ文書では3回。福音書では4:36/5:9、使徒3:10。驚き恐れること、びっくり仰天すること、驚愕を意味します。

  • 人々はイエスの教えや奇蹟に対して「驚き」の反応を示しました。イエスの語ること、なすことは人々にかなりのインパクトをイ与えました。そのためにすぐにイエスの評判は広がり、大勢の者がイエスのもとに来ていやしを求めました。イエスは神の国の福音の祝福としての解放をひとりひとりに与えました。しかしそれは直ちにイエスがメシアであるという正しい理解につながったとは到底言えませんでした。
  • 彼らは自分たちの利益のために、イエスを自分たちのところにとどまるよう求めます。しかしイエスはひとつの所にとどまることをせず、他の町々を訪ねました。そしてユダヤの諸会堂で福音を告げ知らせておられたのです。

3. ひとたび始めたことを継続すること

  • 今回の4:31~44の箇所において、その最初の節と最後の節には、Be動詞の未完了形と分詞(動詞が名詞化されたもの)が結びついています。つまり、それは継続的な繰り返しの行為を意味しています。

最初の節31節では「イエスは・・安息日ごとに、人々を教えられた。」―正確には「教え続けておられた」

最後の節44節では「(イエスは)・・ユダヤの会堂で、福音を告げ知らせておられた。」

  • 多くの準備期間の後、ひとたび始められたことをイエスは継続してなされていかれました。けっして働きをやめることなく、ひとつの場所で、あるいは他の場所で、継続して働きを続けて行かれたのです。初期の宣教の働きにおいては多くの者たちがイエスにつき従いますが、次第にイエスとのズレは大きくなり、多くの者たちがイエスにつまずくようになります。最後の十字架においては弟子たちさえもつまずいてしまったのです。それでもイエスはその生涯において神の国の福音を宣べ伝え、教えられ続けたのです。継続する力の秘訣は、御父との親密な交わりに身を浸すことでもたらされるということを心を留めたいと思います。


2011.6.30


a:2563 t:2 y:1

powered by Quick Homepage Maker 5.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional