****** 教会は、ヘブル的ルーツとつぎ合わされることで回復し、完成します。******

エステル記の伝えるメッセージ

文字サイズ:

0. エステル記の伝えるメッセージ

1. エステル記の時代背景


画像の説明


2. エステル記のメッセージ

  • エステル記は、異邦人のペルシア王国の支配の下に、ペルシアの首都スサを舞台にして、神の不思議な守りを体験したユダヤ人の物語です。神はエステルを通して、ご自分の民を絶滅の危機から救われました。

3. ペルシアの王「クセルクセス」のヘブル表記「アハシュエロス」

  • エステル記の中に30回も登場するペルシアの王の名前「クセルクセス」の表記を新改訳聖書はヘブル語で「アハシュエロス」としています。そのヘブル表記は以下のように、「アハシュ」と「ローシュ」の間に「ヴェー」が入っていると思えば分かりやすいです。決して「アハシュ・エロス」ではありません。むしろ「アハシュ・ヴェー・ローシュ」です。

    アハシュヴェーローシュ

    אֲחַשְׁוֵרוֹשׁ


2013.11.20 


a:3498 t:2 y:3

powered by Quick Homepage Maker 5.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional