****** 教会は、ヘブル的ルーツとつぎ合わされることで回復し、完成します。******

テキストPs18

Ⅰ/A(1~41篇) | 原典テキストPs18 | 瞑想Ps18/A | 瞑想Ps18/B | 瞑想Ps18/C | 礼拝用語Ps18 | 恩寵用語Ps18(1) | 恩寵用語Ps18(2) | 恩寵用語Ps18(3) | Ps18の修辞

Ps18 新改訳改訂第3版

指揮者のために。主のしもべダビデによる。主が、彼のすべての
敵の手、特にサウルの手から彼を救い出された日に、この歌のことばを主に歌った。

1
彼はこう言った。
【主】、わが力。私は、あなたを慕います。
2
【主】はわが巌、わがとりで、わが救い主、
身を避けるわが岩、わが神。
わが盾、わが救いの角、わがやぐら。
3
ほめたたえられる方、この【主】を呼び求めると、
私は、敵から救われる。
4
死の綱は私を取り巻き、
滅びの川は、私を恐れさせた。
5
よみの綱は私を取り囲み、
死のわなは私に立ち向かった。
6
私は苦しみの中に【主】を呼び求め、
助けを求めてわが神に叫んだ。
主はその宮で私の声を聞かれ、
御前に助けを求めた私の叫びは、御耳に届いた。
7
すると、地はゆるぎ、動いた。
また、山々の基も震え、揺れた。
主がお怒りになったのだ。
8
煙は鼻から立ち上り、
その口から出る火はむさぼり食い、
炭火は主から燃え上がった。
9
主は、天を押し曲げて降りて来られた。
暗やみをその足の下にして。
10
主は、ケルブに乗って飛び、
風の翼に乗って飛びかけられた。
11
主はやみを隠れ家として、回りに置かれた。
その仮庵は雨雲の暗やみ、濃い雲。
12
御前の輝きから、密雲を突き抜けて来たもの。
それは雹と火の炭。
13
【主】は天に雷鳴を響かせ、
いと高き方は御声を発せられた。
雹、そして、火の炭。
14
主は、矢を放って彼らを散らし、
すさまじいいなずまで彼らをかき乱された。
15
こうして、水の底が現れ、
地の基があらわにされた。
【主】よ。あなたのとがめ、あなたの鼻の荒いいぶきで。

16
主は、いと高き所から御手を伸べて私を捕らえ、
私を大水から引き上げられた。
17
主は私の強い敵と、私を憎む者とから
私を救い出された。
彼らは私より強かったから。
18
彼らは私のわざわいの日に私に立ち向かった。
だが、【主】は私のささえであった。
19
主は私を広い所に連れ出し、私を助け出された。
主が私を喜びとされたから。

20
【主】は私の義にしたがって私に報い、
私の手のきよさにしたがって私に償いをされた。
21
私は【主】の道を守り、
私の神に対して悪を行わなかった。
22
主のすべてのさばきは私の前にあり、
主のおきてを私は遠ざけなかった。
23
私は主の前に全く、
私の罪から身を守る。
24
【主】は、私の義にしたがって、
また、御目の前の私の手のきよさにしたがって
私に償いをされた。

25
あなたは、恵み深い者には、恵み深く、
全き者には、全くあられ、
26
きよい者には、きよく、
曲がった者には、ねじ曲げる方。
27
あなたは、悩む民をこそ救われますが、
高ぶる目は低くされます。
28
あなたは私のともしびをともされ、
【主】、私の神は、私のやみを照らされます。
29
あなたによって私は軍勢に襲いかかり、
私の神によって私は城壁を飛び越えます。

30
神、その道は完全。
【主】のみことばは純粋。
主はすべて彼に身を避ける者の盾。
31
まことに、【主】のほかにだれが神であろうか。
私たちの神を除いて、だれが岩であろうか。
32
この神こそ、私に力を帯びさせて
私の道を完全にされる。
33
彼は私の足を雌鹿のようにし、
私を高い所に立たせてくださる。
34
戦いのために私の手を鍛え、
私の腕を青銅の弓をも引けるようにされる。

35
こうしてあなたは、御救いの盾を私に下さいました。
あなたの右の手は私をささえ
あなたの謙遜は、私を大きくされます。
36
あなたは私を大またで歩かせます。
私のくるぶしはよろけませんでした。

37
私は、敵を追って、これに追いつき、
絶ち滅ぼすまでは引き返しませんでした。
38
私が彼らを打ち砕いたため、
彼らは立つことができず、私の足もとに倒れました。
39
あなたは、戦いのために、私に力を帯びさせ
私に立ち向かう者を私のもとにひれ伏させました。
40
また、敵が私に背を見せるようにされたので、
私は私を憎む者を滅ぼしました。

41
彼らが叫んでも、救う者はなかった。
【主】に叫んでも、答えはなかった。
42
私は、彼らを風の前のちりのように、打ち砕き、
道のどろのように除き去った。

43
あなたは、民の争いから、私を助け出し、
私を国々のかしらに任ぜられました。
私の知らなかった民が私に仕えます。
44
彼らは、耳で聞くとすぐ、私の言うことを聞き入れます。
外国人らは、私におもねります。
45
外国人らはしなえて、
彼らのとりでから震えて出て来ます。
46
【主】は生きておられる。
ほむべきかな。わが岩。
あがむべきかな。わが救いの神。
47
この神は私のために、復讐する方。
神は諸国の民を私のもとに従わせてくださる。
48
神は、私の敵から私を助け出される方。
まことに、あなたは私に立ち向かう者から
私を引き上げ、暴虐の者から私を救い出されます。
49
それゆえ、【主】よ。
私は、国々の中であなたをほめたたえ、
あなたの御名を、ほめ歌います。
50
主は、王に救いを増し加え、
油そそがれた者、ダビデとそのすえに、
とこしえに恵みを施されます。

powered by Quick Homepage Maker 5.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional