****** 教会は、ヘブル的ルーツとつぎ合わされることで回復し、完成します。******

テゼー共同体における「詩篇日課表」

テゼー共同体における「詩篇日課表」

  • テゼー共同体の「日ごとの讃美」のための詩篇日課表。毎朝、朝、昼、夕、夜(就寝前)に読んで、6週間で主な詩篇を全部通読できるようになっています。ということは、1年間に8回はこのサイクルを繰り返していることになります。
  • このほかに、聖書日課として、毎日、朝と夕(但し、日曜は夕のみ)に、朝は旧約から、夕は新約から、三年周期で読まれています。
Ⅱ Ⅲ Ⅳ Ⅴ Ⅵ 
224436692114
 123457190115
119:1-16119:33-48119:65-80119:97-112119:129-144119:161-176
321397288127,128
119:17-32119:49-64119:81-96119:113-128119:145-160118
525406889:1-19120,124,125
626467094:12-23129,131
727417397132
9284874101135
829477599133,134
11,12,13305076102139
朝 17335777103137,138
昼 15~20325480104:1-9136
夕 16345181104:10-35140,141
朝 22:1-2231:1-145577103137,138
昼 22:23-3231:15-255769:17-22,30-37107:23-43142
夕 18:1-2035568415,116146,147
朝 18:21-51386286112145
昼 19:1-7366187110149,150
夕 19:8-15426585111148
毎日毎夜491130491130
  • 詩篇日課表にあげられていない詩篇は以下の31の詩篇。
    10,37,44,49,52,53,58,59,60,63,64,67,82,83,93,95,96,98,99,100,105,106,108,109,
    113,117,121,122,123,126,131
  • 就寝前の読まれる詩篇が4, 91, 130篇の三つに絞り込まれているのが特徴的です。この三つの詩篇は、それぞれ1年間に121回も唱える計算になります。
  • また、「みことば詩篇」と言われる三つの詩篇(1篇、19篇、119篇)がすべて網羅されているのも特徴的です。
  • テゼー共同体の聖務日課において、詩篇がいかに重要視されているかが分かります。これはユダヤ教のシナゴーグ礼拝から修道院を経て、現代に至るまでの長い伝統の流れなかに見られます。
  • 参考
    『日ごとの讃美』ー「テゼー共同体の祈り」(松山興志雄訳、新教出版社、1982年)

※テゼ共同体のホームページは こちら⇒

|

a:2543 t:2 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional