****** 教会は、ヘブル的ルーツとつぎ合わされることで回復し、完成します。******

ナホム書の神

文字サイズ:

1. ナホム書の神

ベレーシート

  • ナホム書にはニネベに対するさばきの預言が記されていますが、それが本格的に語られるのは2章からです。1章はナホムの神がいかなる神かを私たちに示唆しています。
  • ナホム書からのメッセージをほとんど聞くことがないのは、1章2節にあることばのイメージから来るものが原因かも知れません。つまり、「復讐の神」ということばのイメージです。それは神は「愛の神」というイメージが強い人には強烈すぎるかもしれません。それはともかく、2節のみことばに注目してみたいと思います。

1. ナホム書の神のイメージ

【新改訳改訂第3版】ナホム書 1章2節
【主】はねたみ復讐する神。
【主】は復讐し、憤る方。
【主】はその仇に復讐する方。敵に怒りを保つ方。

  • ここには「ナーカム」(נָקַם)の分詞形「ノーケーム」(נֹקֵם)という言葉が3回も使われています。「復讐する神」「報復する神」です。さらに形容詞の「ねたむ(神)」(「カンノー」קַנּוֹא)も登場します。動詞は「カーナー」(קָנָא)で、この「ねたみ深い」という形容詞は神の民に対する神の熱意、熱愛を意味します。この愛のゆえに、神の民に敵対した者たちに対して報復する、復讐するというのが、「ナーカム」の神なのです。
  • 「復讐する神」ということばは聖書の中で多いわけではありませんが、詩篇94篇の冒頭で「復讐の神」と呼びかけています。

    【新改訳改訂第3版】詩篇94篇1~2節
    1 復讐の神、【主】よ。復讐の神よ。光を放ってください。
    2 地をさばく方よ。立ち上がってください。高ぶる者に報復してください。

  • 「復讐する神」(報復する神)というイメージで引いてしまう方もいるかもしれません。それは「愛の神」というイメージが強いからかも知れませんが、「復讐する神」(報復する神)とは、神に敵対する者たちを正しくさばいてくださいという祈りをこめた呼びかけなのです。
  • 「さばき」のない「救い」はないように、「復讐」なき「慰め」もないのです。それは一枚のコインの表裏なのです。事実、詩篇94篇19節には「私のうちで、思い煩いが増すときに、あなたの慰めが、私のたましいを喜ばしてくださいますように。」とあります。ここでの「慰め」と訳されているヘブル語は「ナーハム」(נָחַם)の名詞の複数形「ネフーミーム」(נְחוּמִים)です。つまり「あなたの数々の慰め」です。そしてこれこそが「良き知らせ」(「バーサール」בָּשָׂר)でもあるのです。
  • そもそも、「慰め」と「報復(復讐)」は表裏一体なのです。その両者を結んでいるものが、神の「熱意、熱心」(妬み)なのです。これらは、以下の図のように三位一体的関係を保っています。

画像の説明

2. 主に身を避ける者に対しては、とことん「トーヴな神」

  • 「主は怒るのにおそく、力強い。主は決して罰せずにおくことはしない方」(3節)です。主は忍耐深い方ですが、どこまでも主に敵対する者は、主の厳しいさばきを免れることはできません。しかも二度と立ち上がれません。3節後半~6節、および8~10節にはその怒りの激しさが述べられています。その燃える神の怒りに耐えられる者はだれ一人いません。滅ぼし尽くされます。これは一つの型です。終わりの日に登場する獣と呼ばれる反キリストに対して、そのような運命が待ち受けています。もし、この反キリストが神の民にしたことに対して神が何の復讐(報復)もしなかったならば、どこに慰めがあるでしょうか。本当の「慰め」は、神に反逆し、しかも神の民を苦しめ続けた者たちへの正当な報復があってこそ保障されるものなのです。なぜなら、万軍の主の熱心さがそのことをなして下さるからです。
  • どこまでも主に身を避ける者に神からの「慰め」が約束されているのです。1章7節には、主に身を避ける者の幸いが記されています。

【新改訳改訂第3版】ナホム書1章7節
【主】はいつくしみ深く、苦難の日のとりでである。
主に身を避ける者たちを主は知っておられる。

  • L.B.はこの箇所を「神様は、ご自分に信頼する者を、すべてご存じだ。」と訳しています。「主はいつくしみ深い」、ヘブル語では「トーヴ・アドナイ」(טוֹב יהוה)です。英語で神を「ガッド」(God)と言いますが、これは「どこまでも良い方」という意味の「Good」の短縮形です。主に身を避ける(=信頼する)者たちに対して、永遠に「良い方」であってくださる神、それは今も然りであり、やがて神の歴史の終わりにおいてはそのことが完全な形で表わされます。たとえ、苦しみ、苦難の日が襲ったとしても、その中において主は「砦」となってくださるのです。「砦」とは、永続する守りを保証する語彙です。それゆえ、私たちは「主に感謝せよ(「ホドゥー・ラドナイ)。まことに(「キー」)、主はいつくしみ深い(「トーヴ」)。」とたたえなければなりません。

2015.6.2


a:2194 t:3 y:3

powered by Quick Homepage Maker 5.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional