****** 教会は、ヘブル的ルーツとつぎ合わされることで回復し、完成します。******

マタイの山上の説教における「主の祈り」の位置づけ

マタイの山上の説教における「主の祈り」の位置づけ

画像の説明

上記のように、「山上の説教」はきわめてよく整えられた構造をもっており、その中で、「主の祈り」は全体の中心に位置づけられているということです。つまり、その「主の祈り」の中に「天の御国の福音」が簡潔にコンデンスされていると推察できます。今回は、その推察が正しいかどうかを試るミドゥラーシュです。

「キアスムス」構造については、以下のWebサイトを参照のこと。




2014.2.24


a:1793 t:2 y:1

powered by Quick Homepage Maker 5.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional