****** 詩篇は、神と私たちの生きた関係を築く上での最高のテキストです。******

マラナ・タ

来たりませ! Come!

画像の説明

  • 22:16
    「・・わたしはダビデの根、また子孫、輝く明けの明星である。」
    17
    御霊も花嫁も言う。「来てください。」
    これを聞く者は、「来てください。」と言いなさい。・・
    20
    これらのことをあかしする方がこう言われる。
    「しかり。わたしはすぐに来る。」アーメン。主イエスよ、来てください。

    マラナ・タ

  • ヨハネの黙示録ははじめから「後に来られる方(やがて来られる方、やがて来るべき方)」の来臨を繰り返し継げ知らせた。1章4節、7節、8節。そして最後の22章において、主キリストご自身が「わたしはすぐに来る」(20節)と、そして他にも二度繰り返して約束している。22章7、12節。
  • さらに、このように約束されたキリストが「わたしは、ダビデの根、また子孫、輝く明けの明星である」と言われた時、「御霊も花嫁」、すなわち、「小羊」であるキリストの「花嫁」としての教会も共に言う。「来てください」と。
  • 御霊は希望を作り出す働きをし、主を待ち望ませる力がある。そして信じる者たちに、望みを与えるのである。この「来てください」というのは、キリストの再臨を待望する(携挙待望)祈りを表わしている。コリント第一の手紙16章21節に「マラナ・タ」(われらの主よ、きたりませ)とあるが、この祈りこそ祈りの中の祈りであり、すべての祈りの源泉としての祈りである。その祈りにすべての祈りが要約されるからである。しかも、この祈りを御霊が祈るということは、この祈りが天的な起源をもつということに他ならない。この御霊と共にキリストの花嫁であるが教会が「アーメン・主イエスよ、来てください。」と祈るように勧められているのである。

画像の説明

powered by Quick Homepage Maker 5.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional