****** 教会は、ヘブル的ルーツとつぎ合わされることで回復し、完成します。******

メム瞑想(2)

מ メム瞑想(2) 私の思い

テキスト | 瞑想(1) | 瞑想(3)

119:97
どんなにか私は、あなたのみおしえを愛していることでしょう。
これが一日中、私の思いとなっています。

  • 前の段落「ラメド」で、「定まっている」(89節)のナーツァヴנָצַב(natsav)、「据えた」(90節)のクーンכּוּן(kun)、90,91節で「堅く立っている」(90,91節)のアーマドעָמַד(`amad)、という「堅固性」を表わす類義語を使いながら、作者がその確かさの中に生かされていることを喜びとしているように、「メム」の段落においても、「賢くします」(98節)のハーハムחָכַם(chakham)、「悟りがあります」(99節)のサーハルשָׂכַל(sakhal)、「わきまえがあります」(100,104節)のビィンבִּין(biyn)といった類義語を用いながら、作者は「神の知恵」が与えられていることに自ら驚いています。
  • この段落の特徴として挙げられることは、「~より」という比較を表わすミンמִן(min)が4回も使われている事です。「敵よりも」(98節)、「すべての師よりも」(99節)、「老人よりも」(100節)、「蜜よりも」(103節)とあります。
  • 一見、自画自賛しているように見えかねない態度に思えますが、そうではありません。主イエス・キリストは「敵よりも、すべての教師よりも、老人よりも」知恵があったために、罠に陥れられることはありせんでした。誰もイエスと議論して勝つことはできませんでした。イエスの語る教えも、当時のどんな教師よりも権威があり、力と深みを持っていました。初代教会の最初の殉教者となったステパノも知恵と御霊によって語っていたために、だれも彼に打ち勝つことはできませんでした。逆に、彼を陥れようとしたユダヤ教の議会の者たちは、彼らにとって一番痛いところを突かれました。
  • そうした知恵を神から与えられたのは、この詩篇119篇の作者と同様に、神のみおしえであるトーラーを愛し、「一日中」、自分の「思い」としていたからではないかと思います。この「思い」ということばは、詩篇の特愛用語である動詞シーアッハשִׂיחַ(siach)の名詞形で、シーハーשִׂיחָה(siychah)が使われています。旧約ではヨブ記15:4の他には、詩篇119:97と99節の2回しかありません。つまり同じ段落にこの「思い」というシーハーが使われているのです。
  • 「黙想」「祈り」「思いにふけること」「熟考」「研究」を意味するシーハーשִׂיחָה(siychah)は、この段落ではきわめて重要なキーワードです。イエスがそうであったように、日々、神のみことばとどのように向かい合って生きているかどうか、その真価が問われる時が必ず来ます。イエスも公生涯に入るまでにも、律法学者とのやりとりで神の知恵が輝いていました。しかし、公生涯に入られてからは、より一段とその知恵が現わされるようになります。97節の神のトーラーが一日中、私の思いとなっているという姿勢は、詩篇1篇2節にある「主の教えを喜びとし、昼も夜もそれをそれを口ずさむ」姿勢と照応します。
  • 日ごとの神のことばに対する真摯な取り組みが、信仰者としてのアイデンティティの根を太くしていくのだと信じます。

  • 以下、それぞれのヘブル動詞の意味を記しておきます。

    (1) ハーハムחָכַם・・賢くする、堅く振る舞う、知恵を教える
    (2) サーハルשָׂכַל・・悟る、賢くする、成功する
    (3) ビィンבִּין・・理解する、識別する、悟る



powered by Quick Homepage Maker 5.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional