****** 教会は、ヘブル的ルーツとつぎ合わされることで回復し、完成します。******

ヨハネの福音書の13章~17章の構造

瞑想のための予備知識

2. ヨハネ福音書の13章~17章の構造

113~14章上の階の大広間での教え
215~16章ゲッセマネの途上での教え
317章大祭司としてのイエスのとりなしの祈り



  • 今回の瞑想の聖書箇所となる、ヨハネ福音書における「最後の晩餐」(13~17章)には、共観福音書にあるような食事(晩餐)そのものについての関心は一切ありません。その席でイエスが弟子の足を洗うという象徴的な「行為」と、そのあとに続くイエスの長い「決別説教」、そして、説教を締めくくる「祈り」が含まれています。しかもこの部分は、ヨハネの福音書だけに見られるきわめて独自な箇所で、ヨハネ福音書を特徴づける言葉と主題を多く含んでいます。


a:3941 t:2 y:4

powered by Quick Homepage Maker 5.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional