****** 教会は、ヘブル的ルーツとつぎ合わされることで回復し、完成します。******

主は私の羊飼い

文字サイズ:

3. 主は私の羊飼い

【聖書箇所】 詩篇23篇1節

画像の説明


【読み】
ヘブル語の原文は右から左に読みます。ヘブル語の上に表記されたカナ表記は単語ごとに左から右に読みます。全体を続けて読むと以下のようになります。太字は揚音。
「アドナーイ ーイー ー エフール」

【文法】

画像の説明

  • 私の羊飼い「ローイ―」רֹעִיは、「ローエー」ִֽרֹעֶהの連語形רֹעに人称接尾辞「私の」が付されたもの。神と自分との親密なかかわりを表わします。

【翻訳】

【新改訳改訂3】
【主】は私の羊飼い。私は、乏しいことがありません。
【口語訳】
主はわたしの牧者であって、わたしには乏しいことがない。
【新共同訳】
【賛歌。ダビデの詩。】主は羊飼い、わたしには何も欠けることがない。
【NKJV】
The Lord is my shepherd;I shall not want.
【TEV】
The Lord is my shepherd; /I have everything I need.

【瞑想】

この詩篇は珠玉の詩篇といわれるほど、多くの人々がこの詩篇によって励まされ、いやされ、力づけられてきました。

動詞の「ラーアー」רָעָהは、「牧する」 shepherd―食物を与える、必要なものを与える、飼う、育てる、供給する、羊を飼う、羊の番をする、羊の世話をする、治めるーといった意味があります。「羊の習性」を調べてみると、第一に、羊は臆病で脆弱です。群れをはぐれてしまった羊を捕まえようとすると、不安と恐怖心で逃げてばかりで捕まらないそうです。第二に、迷いやすい。目が悪いということもありますが、実際、羊は羊飼いに連れられて毎日行き来している道を自分では行きも帰りもできず、すぐ迷ってしまうそうです。こんな方向感覚の悪い動物は他にいません。そして第三は、とても頑固です。羊は従順な反面、頑固で、羊飼いに逆らって自分勝手に進んで行き、群れから離れて危険なところに行って自滅するという習性をもっています。ですから羊飼いが必要なのです。

「主は私の羊飼い」という告白は、主が羊飼いで、私がその世話を受ける羊だということです。「羊」は、まさに人間そのものの特性をたとえる家畜として聖書にしばしば登場します。

イザヤ書53章6節
私たちはみな、羊のようにさまよい、おのおの、自分かってな道に向かって行った。しかし、主は、私たちのすべのて咎を彼に負わせた。

ペテロ第一2章25節
あなたがたは、羊のようにさまよっていましたが、今は、自分のたましいの牧者であり監督者である方のもとに帰ったのです。

主はまさに良い羊飼いであってくださるので、「私は乏しいことがない。」(新改訳)、「わたしには欠けるところがない。」(関根訳)と告白することができます。

(1) モーセが40年にわたる荒野の生活を振り返って次のように告白しています。
「事実、あなたの神、主は、あなたのしたすべてのことを祝福し、あなたの、この広大な荒野の旅を見守ってくださったのだ。あなたの神、主は、この四十年の間あなたとともにおられ、あなたは、何一つ欠けたものはなかった。」(申命記2:7)

(2) 「あなたの神、主が、あなたを良い地に導き入れようとしておられるからである。そこは、水の流れと泉があり、谷間と山を流れ出た深い淵のある地、小麦、大麦、ぶどう、いちじく、ざくろの地、オリーブ油と蜜の地。そこは、あなたが十分に食物を食べ、何一つ足りないもののない地、その地の石は鉄であり、その山々からは青銅を掘り出すことのできる地である。あなたが食べて満ち足りたとき、主が賜わった良い地について、あなたの神、主をほめたたえなければならない。」(同8:7~10)

(3) ネヘミヤも荒野の40年を振り返って同じく、「四十年の間、あなたは彼らを荒野で養われたので、彼らは何も不足することなく、彼らの着物もすり切れず、足もはれませんでした。」(ネヘミヤ9:21)と告白しています。

(4) 詩篇34篇9~10節には「主を恐れよ。その聖徒たちよ。彼を恐れる者には乏しいことはないからだ。若い獅子も乏しくなって飢える。しかし、主を尋ね求める者は、良いものに何一つ欠けることはない。」と告白されています。

新約では使徒パウロがより積極的な表現で、「満ち足りている」と告白しています。彼は「私はどんな境遇にあっても満ち足りることを学びました」(ピリピ4:11)と述べ、愛弟子のテモテにも「満ち足りる心を伴う敬虔(信仰のこと)こそ大きな利益を受ける道です」(Ⅰテモテ6:6)と教えています。ここに信仰の奥義があります。「満ち足りる心」をもたらす主体は羊ではなく、羊飼いです。

【付記】

2013.2.17


a:5437 t:2 y:2

powered by Quick Homepage Maker 5.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional