****** 教会は、ヘブル的ルーツとつぎ合わされることで回復し、完成します。******

恩寵用語Ps135

Ⅴ/A(107~150篇) | テキストPs135 | 原典テキストPs135 | 瞑想Ps135/A | 瞑想Ps135/B | 瞑想Ps135/C |

詩135篇 「麗しい」 נָעִים  ナーイーム

135:3 「ハレルヤ。主はまことにいつくしみ深い。主の御名にほめ歌を歌え。その御名はいかにも麗しい(נָעִים)」。

  • 喜びを表わす形容詞のひとつ、ナーイーム(נָעִים)は旧約で11回。詩編では以下のように5回使われています。「楽しい、嬉しい、心地よい、麗しい、喜ばしい」といった意味です。

    (1)16:6 「測り綱は、私の好む(נָעִים)ところに落ちた。」


    (2)16:11 「あなたの御前には喜びが満ち、あなたの右には、楽しみ(נָעִים)がとこしえにあります。」


    (3)133:1 「見よ。兄弟たちがひとつになって共に住むことは、なんというしあわせ、なんという楽しさ(נָעִים)であろう。」

    • 1節のヘブル語は「ヒネー・マ・トーヴ・ウー・マー・ナーイーム」(見よ、なんと、良い、そして、何と、楽しい)となっています。

    (4)135:3 「ハレルヤ。主はまことにいつくしみ深い。主の御名にほめ歌を歌え。その御名はいかにも麗しい(נָעִים)」。


    (5)147:1「ハレルヤ。まことに、われらの神にほめ歌を歌うのは良い。まことに楽しく(נָעִים)、賛美は麗しい。」

    • ここでの「麗しい」は、ナーヴェ(נָאוֶה)という形容詞が使われています。ナーヴェは「ふさわしい」(fitting)という意味です。他にも詩篇33:1「賛美は心の直ぐな人たちにふさわしい。」に使われています。)

powered by Quick Homepage Maker 5.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional