****** 教会は、ヘブル的ルーツとつぎ合わされることで回復し、完成します。******

恩寵用語Ps147

Ⅴ/A(107~150篇) | テキストPs147 | 原典テキストPs147 | 瞑想Ps147/A |  瞑想Ps147/B | 礼拝用語Ps147 |

詩147篇 「好む」 רָצָה ラーツァー


  • 「好まれる」と訳されたラーツァーרָצָה は、44篇でも85篇でも取り上げていますが、なおも148篇でも取り上げたいと思います。148篇では10節と11節に2回、しかも前者は否定形で、後者は肯定形で使われています。
  • 10節と11節をいろいろな訳を見てみたいと思います。

    (新改訳)
    10 神が馬の力を喜ばず、歩兵を好まない。
    11 主を恐れる者と御恵みを待ち望む者とを主は好まれる


    (新共同訳)
    10 主は馬の勇ましさを喜ばれるのでもなく、人の足の速さを望まれるのでもない。
    11 主が望まれるのは主を畏れる人、主の慈しみを待ち望む人。


    (口語訳)
    10 主は馬の力を喜ばれず、人の足をよみせられない。
    11 主はおのれを恐れる者と、そのいつくしみを望む者とをよみせられる。


    (岩波訳)
    馬の力をかれは悦ばず、人の脚の速さを顧みない。
    ヤーウェは顧みる方、かれを畏れる者たちをかれの恵みを待つ者たちを


    (典礼訳)
    10 神は軍馬の力を望まず、兵士の数を喜ばれない。
    11 神が喜びとされるのは、神をおそれ、そのいつくしみを待ち望む人


    (フランシスコ会訳)
    ヤーウェは軍馬の力を喜ばず、歩兵の足もよみせられない。
    ヤーウェがよみせられるのは、ヤーウェを恐れる人、そのいつくしみを待ち望む人。


    (関根訳)
    10 彼は戦馬の力を喜ばず、人の脚力をよしとされぬ。
    11 ヤーウェは彼を畏れる者とその恵みを待ち望む者をよしとされる


    (尾山訳)
    10 主が軍馬の力や歩兵を喜ばず、
    11 主を恐れる者と主の愛に望みを置く者を喜ばれる

powered by Quick Homepage Maker 5.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional