****** 教会は、ヘブル的ルーツとつぎ合わされることで回復し、完成します。******

恩寵用語Ps31

詩31篇(1)「御手の中に」 בְּיָד べ・ヤ-ド

〔カテゴリー愛顧〕

15節「私の時は、御手の中にあります。」(新改訳)
15節「私の運命(さだめ)はあなたの御手にある。」(バルバロ訳)

Keyword; 「御手の中にある私の時」 My times are in Your hands, My destiny is under Your control

  • 詩31篇には旧約聖書の中ではめずらしい表現があります。それは「私の時」イットターイעִתֹּתָי(`ttotay)ということばです。ここで「時」を意味するエトעֵתの複数形が使われており、「私の生涯は」(フランシスコ会訳)、「わが諸々の時」(岩波訳)、「わが時のすべては」と訳されています。いずれにしても、「私の時」が御手の中にあるということです。
  • 詩篇31篇は類型としては嘆きの歌ですが、この中に、神への信頼と告白を表わす表現が多く登場します。たとえば、「私はあなたに身を避けています」(1節)「私のたましいを御手にゆだねます」(5節)「私はあなたに信頼しています」(6, 14節)「あなたの恵みを私は楽しみ、喜びます」(7節)「私の時は、御手の中にあります。」(15節)「あなたこそ私の巌、私のとりで」(1節)「あなたこそ、私の神です」(14節)「あなたのいつくしみはなんと大きいことでしょう」(19節)「主は・・私に奇しいわざを施されました」など・・・これらをみるならば、とても嘆きの詩篇のようには見えません。しかし大切な点は、嘆きの中にどうしてこのような力強い信仰が告白されうるのかという点です。
  • その鍵は、この作者の「私の時」に対する理解にあるように思います。「時」に対するヘブライ人の時間感覚は私たちの時間感覚とは異なるようです。ちなみに、創世記における神の創造において、「夕があり、朝があった」という記述、一日が夕暮れとともにはじまるという時間感覚は、歴史の理解においても、ものごとや生活のすべての領域においても大きな影響を与えているはずです。
  • 預言者エレミヤはバビロンの捕囚となる神の民に対して主のことばを伝えましたが、そのことばの中に「わたしがあなたがたのために立てている計画は、わざわいではなくて、平安を与える計画であり、あなたがたに将来と希望を与えるものだ」と述べています。「将来」ということばはアハリートאַחֲרִית(’acharit)で、本来、「後、後代、背中、背後」を意味することばです。将来が背中にある。ということは「後ろ向き」に進んでいることになります。そして目の前はいつも過去を向いていることになります。つまり、ヘブライ人の時間の流れに対する感覚は、私たちとは逆で、未来(将来)に背を向けながら確実な神の事実としての過去を見つめています。このことが嘆きの現実に大きく影響を与えています。
  • 申命記におけるモーセの説教は、これから約束の地に向かって進んでいこうとしているモーセは民に対して絶えず過去に起こった神のストーリーに、40年間の荒野における神の恵みに目を向けさせることで、安心して主の御手にゆだるよう、励ましているのです。

詩31篇(2)「施す」 פָּלָא パーラー

〔カテゴリー賦与〕

・21節「ほむべきかな。主。主は包囲された町の中で私に奇しい恵みを施されました。」(新改訳)
・21節「―主は驚くべき慈しみの御業を都が包囲されたとき、示してくださいました。」(新共同訳)

  • Keyword; 「施す、示す、驚かす」 show, wonder, do marvelous
    5:12/19:14/30:5, 7/40:8/51:18/69:13/89:17/103:21/106:4/143:10/145:16, 19

◆新改訳で「施された」と訳された原語は、パーラーפָּלָא(pala’)の使役形のヒフリーהִפְלִיאが使われています。パーラーפָּלָא(pala’)とは「驚かす」という意味です。ちなみに、31節の直訳は「なぜなら、驚かせた、彼の恵みは、私を」です。つまり、ここでは神がその奇しい恵みをもって、不思議なことをして私を驚かせたというわけです。神の恵み(へセド)はいつも私たちを驚かせます。

◆31節の「包囲された町で」の部分は、新改訳のように〔場所〕を表す訳や、新共同訳の「包囲されたとき」のように〔時や状況〕を表す訳もあります。あるいは口語訳のように「包囲された町のように」と〔比喩的〕に訳されてもいます。前置詞の「ベ」בְּをどのように訳すかの違いのようです。いずれにしても、神が示された神の驚くべき恵みは変わりません。関根訳は、この詩篇のタイトルを「驚くべき恵み」としているほどです。

◆私たちが、主をほめたたえたり、感謝したりすることも、ひとえに、この主の「奇しいわざ」「驚くべき御業」を経験することなしにはあり得ないことを示しています。この詩篇の作者は、不安にかられて、自分は神から切り離されたのだと感じました。

◆神の恵み(へセド)は、神のいつくしみ(トーヴ)からもたらされます。19節には「あなたのいつくしみは、なんと大きいことでしょう。あなたはそれを、あなたを恐れる者のためにたくわえ、あなたに身を避ける者のために・・それらを備えられました。」と述べています。」とあります。ここでの「いつくしみ」が神の善(goodness)であり、神のトーヴטוֹב(tov)です。「たくわえる」と訳されたことばは、サータルסָתַּר(sattar)「隠す」ということばです。神のトーヴはいつも隠されたところにたくわえられているのです。それを主に身を避ける者のために備え(与え)てくださるのです。

◆神の民イスラエルが捕囚の憂き目を経験したとき、預言者エレミヤは「あなたがたが滅びうせなかったのは、主の恵みよる。主のあわれみは尽きないからだ。それは朝ごとに新しい。」(哀歌3章22, 23節)と述べ、「主のいつくしみ(トーヴ)は深い」(25節)、「主の救いを黙って待つのは良い(トーヴ)」(26節)、「人が若い時に、くびきを負うのは良い(トーヴ)」(37節)と「トーヴ」を3回も重ねて語っています。なぜ「良いのか」、それは「主は人の子らを、ただ苦しめ悩まそうとは思っておられない」からだとその理由を述べています。主のトーヴטוֹב(tov)は、計り知れない「恵み」となって、「あわれみ」となっても「忍耐」となって表わされます。まさに、主のいつくしみは大きく、いとも深いのです。


powered by Quick Homepage Maker 5.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional