****** 教会は、ヘブル的ルーツとつぎ合わされることで回復し、完成します。******

恩寵用語Ps36

詩36篇(1)「尊い」 יָקָר ヤーカール

〔カテゴリーその他〕

  • 7節「神よ。あなたの恵みは、なんと尊いことでしょう。」(前半)

Keyword; 「尊い」 precious, priceless, high-grade 高価な、計り知れない 
Ps 36:7/37:20/45:9/116:15/ Ⅰking 5:17,/7:9, 10, 11

◆詩36篇の5節~11節は、詩篇の中でもひときわ神の属性をたたえたすばらしい箇所です。この箇所は大きく二つの部分に分けることができます。一つの部分(A)は5節~7節前半、もう一つの部分(B)は7節後半~11節です。第一の部分(A)の結論というべきキーワードは、「あなたのいつくしみはなんと尊いことでしょう」という驚きです。(B)のキーワードは「注いでください」です。

◆(A)のキーワードである「なんと尊いことか」マー・ヤーカール(מָה יָּקָר)。ここで作者が何に驚嘆しているのかというと、神の恵み(へセド)、真実(エムナー)、義(ツェデェク)、さばき〔はからい〕(ミシュパート)がすべてのものの上にあること、そして、人と獣(生きもの、たとえば、一羽の雀や烏にさえも)の上に等しくあるということです。Above All の驚きです。感性的な表現が多いため、多くの聖書がそれぞれ苦心して、それぞれ味わい深く訳していますが、なかでも典礼訳がひときわ心魅かれます。典礼訳では「なんと尊いことか」の部分を「はかり知れない」と訳しています。

  • 「神よ、あなたのいつくしみは天に広がり、そのまことは世界に及ぶ。あなたの正しさはそびえ立つ山、そのさばきは深い海。
    神よ、あたなは人とけものを救われる。神よ、あなたのいつくしみははかりしれない(5~7a)」

◆ヤーカールיָקָר(yaqar)は動詞ではなく形容詞です。高価で、尊く、計り知れないという意味です。名詞のイェカールיְקָר(yeqar)は、「栄華」(49:12, 20)「宝」を意味します。

◆後半の(B)も実に味わい深い内容です。これは(A)に基づいて語られる内容なので、バルバロ訳ははっきりと「そこで」(ו)という接続詞を入れて訳しています。そこで、人々は御翼のかげに隠れ場を見出し、そこに身を避けるのです。以下は、典礼訳。

  • 「あなたの翼のかげに人々はのがれ、あなたの家の豊かさ(原語は「脂肪、膏」)に飽かされ、喜びの川から水を飲む。(原文にはこのあと「なぜなら」という接続詞がある)いのちの泉はあなたのもとにあり、あなたの光のうちに、私たちは光りを見る。あなたを知る者に、いつくしみを、心の正しい人に豊かな恵みを注いでください。(7b~11)」

◆典礼訳、フランシス会訳が「義」(6, 11節)を「豊かな恵み」と訳しているのは趣き深いものがあります。それを絶やすことなく「注ぎ」続けてくださいと祈っているのです。

◆(B)のキーワード「注いでください」は以下を参照。

詩36篇(2)「注ぐ」מָשַׁך マーシャク

〔カテゴリー賦与〕

  • 10節「注いでください。あなたの恵みを、あなたを知る者に。あなたの義を、心の直ぐな人に。」

Keyword; 「注ぐ」 continue 

◆10節の「注いでください」の「注ぐ」と訳されたマーシャクמָשַׁך(mashakh)は、多くのニュアンスをもった動詞です。「引き上げる」(to raise)、「広げる」(to extent)、「引き寄せる」(to draw)、「そそのかしておびき寄せる」(to entire)、「待ち伏せして捕える」(to siege)、「楽器などの音を長く吹き鳴らす」、そして「続ける」(to continue)などです。詩36篇10節では、最後の「続ける」という意味で使われています。旧約では36回。継続的な時間的延長、および、空間的拡張をイメージさせることばです。

◆日本語訳を見ると以下のように訳されています。

  • 「常にありますように。」(新共同訳) 
  • 「絶えず・・・施してください。」(口語訳)
  • 「絶やさないでください。」(岩波訳)
  • 「・・を保たせ、・・を絶えず与えてください。」(関根訳)

◆このように、マーシャクמָשַׁך(mashakh)は、絶えず、保たせ、絶やすことなく与え続けること、注ぎ続けることを意味します。

◆そこにある思想は、持続性、継続性、保持、恒常性と言ったイメージです。作者は、神の恵み(へセド)、真実(エムナー)、義(ツェデェク)、さばき(はからい)(ミシュパート)、これらはすべて契約のかかわり概念の用語ですがヘブライ的な表象でたとえられています。
(1)<確かさ>(5~6節)・・「天」「雲」(原文は「空」)「山」「海」は確固不動の表象。
(2)<尊さ>(6節)・・「人や獣を栄えさせ、しあわせにする」はかり知れない高価な恵み。
(3)<豊かさ>(8~9節)・「楽しみの流れ」、尽きることのない無尽蔵な「いのちの泉と光」

◆10節の「注いでください。あなたの恵みを・・あなたの義を」とありますが、おそらく、真実もさばきも含まれていると思います。つまり、神の恵み、真実、義、さばきの(はからい)の<確かさ><尊さ><豊かさ>が讃えられていると同時に、それらが継続し広がっていくことを祈っています。それがここにある「注いでください」という意味です。

◆この詩36篇の構造は、神を恐れる者とそうでない者との対比が描かれています。自分の良心を欺き、決して悪を捨てようとはしない悪者が、その決意にもかかわらず、その結末は、必ず倒れ、再び立ち上がることができないことが宣言されています。それに対し、神の恵みの御翼の中に身を避けようと決心した者たちは、神の恵み(真実、義、さばきも含めて)の中に、絶えず保たれ、常に引き伸ばされ、拡張されていくことを信じて祈っているように思います。


powered by Quick Homepage Maker 5.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional