****** 教会は、ヘブル的ルーツとつぎ合わされることで回復し、完成します。******

恩寵用語Ps66(1)

Ⅱ/A(42~72篇) | テキストPs66 | 原典テキストPs66 | 瞑想Ps66/A | 瞑想Ps66/B | 礼拝用語Ps66 | 恩寵用語Ps66(2) | Ps66の「かかわりの構造」 |

詩66篇「練る」(1) צָרַף ツァーラフ

〔カテゴリー育成〕

10節「神よ。まことに、あなたは私たちを調べ、銀を精錬する(צָרַף)ように、私たちを練られました(צָרַף)。」

Keyword; 「練る、精錬する、試みる」 refind , examine,
12:6/17:3/18:30/26:2/66:10, 10/105:19/119:140

  • イスラエルの民は過去を何よりも大切にする民です。繰り返し、過去になされた神のみわざを想起することで、はじめて将来に対する希望を持つことができたのです。1節の「神への賛美を栄光に輝かせよ」という呼びかけは、過去における神の大いなるみわざ―特に、エジプト脱出の時の「紅海渡渉」、荒野から約束の地への「ヨルダン渡河」、そしてバビロン捕囚からの「解放」を想起することなしにはありえません。
  • と同時に、10節にある神の民の純化としての苦しみという神の恩寵も、忘れてはならない大切な想起事項です。10節には「精錬する」「練られる」と訳されたツァーラフצָרַף(tsaraph)が2回使われています。ツァーラフsize(20){צָרַף};(tsaraph)は、純化する、精製する、洗練する、立派にする、傷のない完全なものにするという意味です。旧約では33回、詩篇では8回使われています。
  • 銀の器を作るためには、銀から不純物を取り除くという火による精製過程が欠かせません。同様に、神は神ご自身の民を形作るために、エジプトでの苦しみ、荒野での苦しみ、そしてバビロンでの捕囚という苦しみの炉を通させました。特に、神の大いなるみわざの前にそれがあったことは特筆すべきです。三世代にわたるバビロンでの捕囚の苦しみは、神の民に「主の教え(トーラー)を喜びとし、昼も夜もそれを口ずさむ」(詩1:2)というトーラー・ライフスタイルを生み出させました。
  • ちなみに、10節にある「調べる、試みる」と訳されたバーハンבָּחַן(bachan)―旧約29回、詩篇9回―は、ツァーラフצָרַף(tsaraph)と同義語です。新共同訳、バルバロ訳ではツァーラフצָרַףを「試された」と訳しています。
  • ツァーラフצָרַף(tsaraph)の用法には二つの面があります。第一は、神のみことばの純化としての面です。みことばばよく練られていて純粋、完全であることに用いられます(詩12:6/18:30/
    119:140、箴言30:5)。第二は、神の民の精練としての面です。イザヤ48:10では、「見よ。わたしはあなたを練ったが、銀の場合とは違う。わたしは悩みの中であなたを試みた。」とあります。この二つの用法は、神と人とのかかわりという面において密接な関係を持っています。
  • 1節の「神への賛美を栄光に輝かせよ」とは、なにか頑張って神を賛美せよというのではなく、悩みの炉を通して、神の民が、神によってそのかかわりが試され、試みられて純化する恩寵を受け入れることが求められているように思えます。神は決して急がれません。ゆっくりと、じっくりと、そして深く、私たちとかかわられる方なのだと教えられます。

powered by Quick Homepage Maker 5.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional