****** 教会は、ヘブル的ルーツとつぎ合わされることで回復し、完成します。******

戦いに備える周到な準備

本論〔1〕 ネヘミヤのリーダーとしての資質 (4)

前へ | 次へ

【聖書箇所】ネヘミヤ記1章~2章

4. 戦いに備える周到な準備

(1) 戦いの必然

  • リーダーは神のみこころがなされるときには、必ずといっていいほど反対が起こることを予測し、その戦いに備えなければならない。

(2) 戦いの様相

  • 無関心、不機嫌、反発、あざけり、さげすみ、怒り、軽蔑、そしり、侮辱、陰謀、脅迫・・これらは再建工事が進展する過程で次第に強くなっていく。

(3) 周到な準備

  • a. 沈黙・沈着
    妨げを防ぐための極秘の調査、行動計画を立てるための十分な時間、現実を正しく認識するための正確な情報、妨害等を予測しながら、秘密裏に綿密な準備を進める。 
    ⇒ヨシュアのカナン偵察等。
  • b. 人の目にふれない部分での行動がものをいう。

(4) 動機づけ

  • この動機づけこそ、人を動かしていくためのリーダーに課せられる最も重要な責務である。
    a. 外部的な動機づけ
    b. 内部的な動機づけ  
    • ネヘミヤの場合、神の恵みをあかしし、これ以上、そしりを受けないようにしようと訴えた。
      ネヘミヤは物質的な報酬を人々に約束していない。2章17節。

c. 動機づけは、良いフォロアーシップを生み出す。2章18節。


powered by Quick Homepage Maker 5.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional