****** 教会は、ヘブル的ルーツとつぎ合わされることで回復し、完成します。******

挨拶と祝福 (2)

文字サイズ:

5. 挨拶と祝福 (2)

【聖書箇所】 1章5a節

【新改訳改訂第3版】
5a また、忠実な証人、死者の中から最初によみがえられた方、地上の王たちの支配者であるイエス・キリストから、恵みと平安が、あなたがたにあるように。

【新共同訳】
5a 更に、証人、誠実な方、死者の中から最初に復活した方、地上の王たちの支配者、イエス・キリストから恵みと平和があなたがたにあるように。

  • 黙示録1章5節の前半は、4節とつながっています。挨拶の主体として、「イエス・キリストから」が加わります。

(3) 「イエス・キリスト」から

  • 「忠実な証人」、「死者の中から最初によみがえられた方」、「地上の王たちの支配者」と、イエス・キリストが三つの称号で語られています。これらは、キリストの生と死、死後、そして将来の順序をよく表わしています。表現されています。
  • 「忠実な証人」とは、御父に対する忠実な証人という意味です。御子イエスのすべての思いと行ないは、ひたすら御父のみこころをあかしするものでした。これは預言者としての務めを意味しています。次の「死者の中から最初によみがえられた方」とありますが、原文では、死者たちの「長子」となっており、「長子」は「初穂」という意味でもあります。また、「初穂」とは、そのあとに続く収穫が必ずあることを意味しています。キリストが復活されたことは、やがてキリストにつながる者も同じように復活し、朽ちることのないからだが与えられるのです。
    最後の「地上の王たちの支配者」とは、キリストの地上再臨後の御国の実現、すなわち、千年王国におけるキリストの主権を言い表わしています。


2013.11.11


a:2756 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional