****** 教会は、ヘブル的ルーツとつぎ合わされることで回復し、完成します。******

教え、宣べ伝え、直されたイェシュア

文字サイズ:

4. 教え、宣べ伝え、直されたイェシュア

ベレーシート

  • イェシュアはナザレからガリラヤ湖畔のカペナウムに移り住み、そこを拠点としてガリラヤの町や村の全土を巡り、宣教活動をしたことが4章23~25節に記されています。「教える」「宣べ伝える」「直す(いやす)」という三つの働きがなされました。まずは、その箇所を見てみましょう。

【新改訳改訂第3版】マタイの福音書4章23~25節
23 イエスはガリラヤ全土を巡って、会堂で教え、御国の福音を宣べ伝え、民の中のあらゆる病気、あらゆるわずらいを直された。
24 イエスのうわさはシリヤ全体に広まった。それで人々は、さまざまな病気や痛みに苦しむ病人、悪霊につかれた人、てんかんの人、中風の人などをみな、みもとに連れて来た。イエスは彼らをいやされた。
25 こうしてガリラヤ、デカポリス、エルサレム、ユダヤおよびヨルダンの向こう岸から大ぜいの群衆がイエスにつき従った。


1. イェシュアの三つの働き

  • 4章23節の主要動詞は「巡り歩く」です。イェシュアはガリラヤ全土を次々と巡り歩き続けたのです(未完了形)。その「巡り歩き」の中でさなれたことが三つの現在分詞で記されています。つまり、イェシュアの活動は、以下のように三つにまとめられます。

(1) 会堂で教えること

●会堂とはシナゴーグ(「スナゴーゲー」συναγωγή)のことで、離散したユダヤ人たちの成人男性が10名以上集まるならば、会堂を建てることができました。会堂はユダヤ人の礼拝や教育の中心的役割を果たしていました。イェシュアは当時の律法学者たちの慣習に従い、会堂で教えられました。その振る舞いは律法学者たちと変わることはありませんでしたが、多くの人々はイェシュアの教えに驚きました。それはイェシュアが律法学者のようではなく、権威ある者のように教えられたからです。イェシュアの教えの特徴は当時の律法学者たちの伝統的なトーラーの解釈に対して、批判的、かつ挑戦的なトーラーの解釈だったからです。「教える」という動詞「ディダスコー」(διδάσκω)は、特に「山上の説教」に見られるように、トーラーの真の解釈(新しい解釈)と結びついています。それは人々の意表をつくスキャンダルな解釈であったのです。しかし、イェシュアのトーラーに対する新しい解釈は、「御国の福音」を理解する上できわめて密接な関係がありました。

(2) 御国の福音を宣べ伝えたこと

●イェシュアの働きの第二は、御国の福音を「宣べ伝える」(「ケーリュッソー」κηρύσσω)ことでした。それは旧約の預言者たちが前もって預言していたことであり、メシアの到来による良いおとずれを内容とするものでした。だれにとって良いおとずれなのかと言えば、一義的には御国の民、すなわちイスラエルの民です。マタイ15章24節でイェシュアは、「わたしは、イスラエルの家の滅びた羊以外のところには遣わされていません。」と語っています。

●後に、新しく生まれ変わって使徒されたパウロが最初にしたことは、諸会堂で「イエスは神の子であると宣べ伝え(κηρύσσω)」始めたことでした。と同時に、彼は「イエスがキリストであることを証明して」(使徒9:22)、ユダヤ人たちをうろたえさせました。

●「証明する」という動詞は「スンビバゾー」(συμβιβάζω)で、聖書を通して論証することを意味します。この動詞は使徒の働き16章10節で「パウロがこの幻を見たとき、私たちはただちにマケドニヤへ出かけることにした。神が私たちを招いて、彼らに福音を宣べさせるのだ、と確信したからである。」という箇所で用いています。行き詰まりの状況も含めた様々な事柄から、神の導きを「確信した」という意味で使われています。同様な、聖書のさまざな箇所を結び合わせることによって、イェシュアがキリストであるとを、旧約聖書の様々な箇所を結び合わせ、比較し、調べて論証し、結論を出すということにパウロは特別に秀でていたのです。まさに、宣教と教育は車の両輪と言えます。

(3) あらゆる病気、あらゆるわずらいを直されたこと

●イェシュアの働きの第三は「直す」ことでした。新約聖書で「病気をいやす」(「セラペウオー」θεραπεύω)という語彙を最も多く使っているのはマタイです。新約40回のうち、マタイは16回使っています。次いでマルコが5回、ルカは14回、ヨハネは1回、使徒は5回、黙示録は2回です。新約聖書には医療用語として「イオーマイ」(ἰάομαι)があります。「セラペウオー」(θεραπεύω)と「イオーマイ」(ἰάομαι)の違いは、前者が医療的行為を行って病人に仕えるのに対し、後者は病気を治療することを第一義としています。「イオーマイ」(ἰάομαι)は、新約26回のうち、ルカ文書(福音書11回、使徒の働き4回)が15回と最も多く、次いでマタイが4回となっています。ルカが医者であったことを思わせます。

●イェシュアの場合、あらゆる種類の病気、あらゆるわずらいをいやし続けることを通して人々に仕えたのです。ただし、マタイの場合、異邦人のいやしは8章5~13節と15章21~28節の二箇所しかありません。それはイェシュアが、「わたしは、イスラエルの家の失われた羊以外のところには遣わされていません。」(マタイ15:24)とあるからです。

●「病気」と訳された語は「ノソス」(νόσος)、「わずらい」と訳された語は「マルキア」(μαλακία)です。後者の「マルキア」は、心的疾患、身体障害と解釈されることもあるようです。いずれにしても、真の御国ではすべての病はありません。新しい朽ちないからだを与えられて、すべて病もすべてのわずらいも完全にいやされた世界です。


  • イェシュアの奇蹟と教えはすべて「御国の福音」にかかわるものであり、しかも、預言的です。たとえ話はその意味を尋ね求めなければその意味するところが分からないように、奇蹟も同様にその意味を知るためには自ら尋ね求めなければならないのです。なぜなら、奇蹟には多分に奥義が隠されているからです。ですから、表面的に理解してはなりません。目に見えない御国の奥義が隠されているからです。

2. 拡大されたイェシュアの働き

画像の説明

  • イェシュアの評判はガリラヤからシリヤ全体へ広がりました。つまりイスラエルの北方(北東地方)全体です。さらに、ガリラヤ湖南方のデカポリス、ユダヤ、エルサレム、ヨルダンの向こう岸へと広がり、そこに住む人々がイェシュアにつき従ったのでした。ただし、マタイはサマリヤについて言及していません。おそらく、マタイの福音書がユダヤ人向けに書かれた福音書だからかもしれません。

3. イェシュアにつき従った民衆

  • 25節に「つき従った」と訳された語彙は「アコリューセオー」(ἀκολουθέω)のアオリストです。この語彙の概念は「従順」です。主と主に従う弟子のかかわりを意味します。ここではマタイが記している「アコリューセオー」について見てみましょう。この動詞は90回使われていますが、そのうちの25回をマタイが使っています。ちなみに、マルコは18回、ルカ18回、ヨハネは19回です。マタイではこの語彙が4章20, 22, 25節で3回見られます。

(1) 20節「彼らはすぐに網を捨てて従った。」
(2) 22節「彼らはすぐに舟も父も残してイエスに従った。」
(3) 25節「 こうしてガリラヤ、デカポリス、エルサレム、ユダヤおよびヨルダンの向こう岸から大ぜいの群衆がイエスにつき従った。」

  • 「アコリューセオー」(ἀκολουθέω)は、イェシュアの後をただついて行くという幾分軽い意味から、十字架を負って死に至るまで従うという重い意味までを包括する概念です。


2017.1.5


a:1803 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional