****** 教会は、ヘブル的ルーツとつぎ合わされることで回復し、完成します。******

民数記22章をリビングバイブルで読んでみる

聖められることを追い求めなさい

民数記22章 【リビングバイブル】



※バラクとバラム、混同しやすいので気をつけてください。バラクの場合「バラク王」と言い、バラムの方は「預言者バラム」と意識して読まれると混乱しません。

22:1 さて、人々はモアブの平原に移り、ヨルダン川の東側、ちょうどエリコの町の反対側あたりに野営しました。
22:2 -3ツィポルの息子でモアブの王バラクは、イスラエル人の数があまりにも多く、エモリ人がひどい目に会ったことを知ると、恐ろしくなりました。 国民もこわがっています。
22:4 ぐずぐずしてはいられません。 すぐ、近隣のミデヤン人の指導者たちに相談しました。「いったいどうしたらいいんだ。 あの暴徒どもは、まるで牛が草を食い尽くすみたいに、回りの者を全滅させる。 このままじゃ絶対に助からん。」
22:5 -6相談の結果、ベオルの息子バラムを呼び寄せることになりました。 彼は、ユーフラテス川に近い、王の故郷ペトルに住んでいます。 「バラムが来ればなんとかなる。」 そう望みをかけて、王は使いをやりました。使いの者は王のことづてを伝えました。 「イスラエル人とかいう暴徒どもが、エジプトからやって来て、国中が大騒ぎだ。 なにしろ連中は、まるで世界中を征服しそうな勢いだから、手のつけようがない。 それが、今にもわが国に攻め込んで来そうなのだ。 すぐ、連中をのろいに来てもらえないだろうか。 そうすれば、難なくやつらを追い出せる。 やつらは強すぎて、このままではとてもかなわない。 おまえが祝福する者は祝福され、おまえがのろう者は必ず破滅するということだから、ぜひ頼みを聞いてくれないか。」
22:7 使いの一行は、モアブとミデヤンの最高指導者でした。 彼らは金を持って行き、大急ぎで用件を伝えました。
22:8 「今夜はここにお泊まりください。 あすの朝、神様がお示しになったことをお伝えしましょう」とバラムが言うので、一行はそうすることにしました。
22:9 その晩、神様はバラムに現われ、「この者たちはいったい何者だ」とお尋ねになりました。
22:10 「モアブの王バラクの使いの者でございます。
22:11 暴徒どもがエジプトから来て、国境に迫っているから、すぐ連中をのろいに来てくれ、というのです。 戦いに勝ちたがっているのです。」
22:12 「行ってはならない。 頼みを聞いてのろってはいけない。 わたしは彼らを祝福しているのだ。」
22:13 翌朝、バラムは言いました。 「申しわけありませんが、お帰りください。 神様は行ってはいけないと言われました。」
22:14 使いの者たちは、すごすご王のもとへ戻り、断わられたことを伝えました。
22:15 しかし、王はあきらめません。 もう一度、より位の高い者たちを、前よりも大ぜい送りました。
22:16 -17一行が持って行った親書には、こうありました。「ぜひともおいでください。 おいでいただければ、手厚くおもてなしし、お望みのものは何でも差し上げましょう。 どうか、イスラエル人どもをのろいに来てください。」
22:18 バラムはなかなか承知しません。 「たとい、金銀で飾り立てた宮殿を下さると言われても、神様の命令には逆らえません。
22:19 しかしまあ、この前とは別のお告げがあるかもしれませんから、今夜はここにお泊まりください。」
22:20 その夜、神様はバラムに命じました。 「彼らといっしょに行ってもよい。 だがいいか、わたしが命じることだけをするのだ。」
22:21 翌朝、バラムはろばに鞍をつけ、モアブの指導者たちと出かけました。
22:22 -23ところが、バラムが乗り気になって出かけたことに、神様は腹を立て、途中で殺してしまおうと御使いを送ったのです。そうとは知らないバラムは、供の者二人と先を急いでいました。と、突然、バラムのろばの前に、抜き身の剣を下げた神様の使いが、立ちはだかったではありませんか。 驚いたろばは急に駆けだし、道ばたの畑に入り込んでしまいました。 バラムはわけがわかりません。 あわてて鞭をあて、道に戻しました。
22:24 神様の使いは、今度はぶどう園の石垣の間の道に立っていました。
22:25 その姿を見るなり、ろばは身をもがき、体をぎゅっと石垣に押しつけたので、バラムは足をはさまれてしまいました。 おこったバラムは、また鞭をあてました。
22:26 すると、神様の使いは先に行って、道幅の狭い所に立ちふさがりました。 これでは、どうにも通りようがありません。
22:27 ろばは道にうずくまってしまいました。 バラムはとうとう頭にきて、ろばをひっぱたきました。
22:28 このとき急に、ろばが口をききました。 神様がそうなさったのです。 「どうして三度もぶつんですか。」
22:29 「おれをばかにしたからだ。 剣があれば、切り殺してやるところだ。」
22:30 「でも、これまでに、私が一度でもこんなことをしたでしょうか。」「いや、ない。」
22:31 その時バラムの心の目が開き、剣を抜いて行く手に立ちはだかっている神様の使いが見えました。 バラムはびっくりして、その方の前にひれ伏しました。
22:32 「なぜ、ろばを三度もぶったのか。 おまえが破滅の道を進んでいるので、止めに来てやったのだ。
22:33 ろばはわたしを見て、三度ともしりごみした。 そうでもしなかったら、今ごろは、ろばは助かっても、おまえの命はなかったのだぞ。」
22:34 「私がまちがっておりました。 お赦しください。 神様のお使いがおいでになろうとは、気がつきませんでした。 これ以上進むなと申されるなら、引き返します。」
22:35 「いや、このまま行け。 ただし、わたしが命じることだけを言うのだ。」バラムは一行と旅を続けました。
22:36 バラク王は、バラムが途中まで来ていると聞いて待ちきれず、わざわざ国境のアルノン川まで迎えに出ました。
22:37 「なぜ、こんなに遅くなったのかね。 絶対に悪いようにはしないと約束したのに、信じてくれなかったのか。」
22:38 「王様、おおせに従い、参るにはまいりましたが、残念ながら、神様が命じることしか言えません。 申し上げることはそれだけです。」
22:39 バラムは、王といっしょにキルヤテ・フツォテに行きました。
22:40 王はそこで、牛と羊をいけにえとしてささげ、バラムや使いの者たちにも、いけにえ用の動物を与えました。
22:41 翌朝、王はバラムをバモテ・バアル山の頂上に連れて行きました。 そこから見下ろすと、大ぜいのイスラエル人が集まっているのが見えます。

powered by Quick Homepage Maker 5.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional