****** 教会は、ヘブル的ルーツとつぎ合わされることで回復し、完成します。******

瞑想Ps135/C

Ⅴ/A(107~150篇) | テキストPs135 | 原典テキストPs135 | 瞑想Ps135/A | 瞑想Ps135/B | 恩寵用語Ps135 |

瞑想Ps135/C

  • 135:4には、「まことに、主はヤコブを選び、ご自分のものとされ、イスラエルを選んで、ご自分の宝とされた。」とあります。「宝」(treasure, treasured possession)という名詞はヘブル語でセグラーסְגֻלָּה(segullah)で、旧約では8回使われていますが、詩篇ではここ1回のみです。「」とされたとは、神によって特別により分けられた特選の民という意味です。

    出エジプト19:5
    「今、もしあなたがたが、まことにわたしの声に聞き従い、わたしの契約を守るなら、あなたがたはすべての国々の民の中にあって、わたしの宝となる。・・」


    申命記7:6, 14:2
    「あなたは、あなたの神の聖なる民である。あなたの神、主は、地の面のすべての国々の民のうちから、あなたを選んでご自分の民とされた。」


    申命記26:18
    「きょう、主は、こう明言された。あなたに約束したとおり、あなたは主の宝の民であり、あなたが主のすべての命令を守るなら、主は、賛美と名声と栄光とを与えて、あなたを主が造られたすべての国々の上に高く上げる。そして、約束のとおり、あなたは、あなたの神、主の聖なる民となる。」

  • このように、イスラエルの第二世代が神の民としてのアイデンティティを確立させるために、モーセが繰り返し語った訣別説教である申命記において、イスラエルの民が神の特選の民であることが繰り返して語られています。

powered by Quick Homepage Maker 5.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional