****** 教会は、ヘブル的ルーツとつぎ合わされることで回復し、完成します。******

礼拝用語Ps71(1)

Ⅱ/A(42~72篇) | テキストPs71 | 原典テキストPs71 | 瞑想Ps71/A | 瞑想Ps71/B | 礼拝用語Ps71(2) | 恩寵用語Ps71

詩71篇(1)「依りすがる」 סָמַךְ

〔カテゴリー信頼〕

6節「私は生まれたときから、あなたにいだかれています。」(新改訳)
6節「わたしは生れるときからあなたに寄り頼みました。」(口語訳)
6節「母の胎にあるときから、あなたに依りすがって来ました。」(新共同訳)

Keyword; 「依りすがる」 rely,  sustain, uphold, support,
3:5/37:17, 24/51:12/54:4/71:6/112:8/119:116/145:14

  • 新改訳で「いたがれています」と訳されたサーマフסָמַךְ(samakh)は、本来、「ささえる、助ける、守る」といった恩寵用語ですが、その受動態では「身を寄せる、よりかかる、寄り頼む、頼る」となります。主がしっかりとささえてくださっている(sustain)がゆえに、はじめて、依りすがる、寄り頼むことができるのです。そのかかわりを、新改訳では「いだかれている」と訳しています。しかも、そのような人は「倒れてもまっさかさまに倒されはしない」(詩37篇24節)のです。なぜなら、主が私のいのちをささえる方だからです(詩54篇4節)。それゆえ、この詩篇の作者は「私は多くの人にとっては奇蹟と思われました。」(71:7)と述べています。つまり、人の目には、あり得ない、驚異の的とされたということ意味です。
  • 神の支えを拠り所として、絶対の信頼を置くサーマフסָמַךְ(samakh)の類義語として、
    (1) 身を避けると訳されるハーサーחָסָה(chasah,71:1,71:7節には名詞「避け所」のמַחְסֶה)があります。ちなみに、「避け所」のマフセーמַחְסֶה(macheseh)は、14:6/46:1/61:3/62:7, 8/71:7/73:28/91:2, 9/94:22/104:18/142:5 ―NIVでは、すべてrefugeと訳されます。
    (2) バータハבָטַח(batach)があります。
  • 御子イエス・キリストの生涯の特徴は、御父に完全に依り頼んだことでした。語ることも、なすことも、すべては御父の語ること、なすことをなされました。御父の支えに依り頼んだ御子イエスのライフスタイルは、神の子どもとされた者たちのモデルです。モデルといっても、それは簡単にコピーして真似ることはできません。いのちのかかわりは、修練(訓練・試練)が必要です。この修練は必ずしも喜ばしいことではありませんが、後になると「平安の義―神とのかかわりにおける関係概念―の実」を結ばせます。それゆえ、信仰の創始者であり、完成者である御子イエスから目を離してはならないのです。
  • 詩71篇は信頼を表わす告白で満ちています。
    「あなたこそ私の巌、私のとりで」(3節)、
    「あなたは、私の若いころからの私の望み」「私の信頼の的」(5節)、
    「私の力強い避け所」(7節)。

こうした神への信頼が、人々をして、驚きを与えたのです。


powered by Quick Homepage Maker 5.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional