****** 教会は、ヘブル的ルーツとつぎ合わされることで回復し、完成します。******

礼拝用語Ps85

Ⅲ/A(73~89篇) | テキストPs85 | 原典テキストPs85 | 瞑想Ps85/A | 瞑想Ps85/B | 恩寵用語Ps85

詩85篇「聞く」 שָׁמַע シャーマ

(カテゴリー:従順)   

8節「私は、主であられる神のおおせを聞きたい。」(新改訳)
8節「わたしは主なる神の語られることを聞きましょう。―主は平和を語られるからです。」(口語訳)
9節「わたしは神が宣言なさるのを聞きます。主は平和を宣言されます。」(新共同訳)

Keyword; 「聞く、聞きます」 I will hear, I will listen,

  • 「聞く」と訳されたシャーマשָׁמַע(shama`)は、すでに詩41篇でも取り上げました。そこでは呼びかけとして「聞け」でしたが、詩85篇の「聞く」はI will hear, I will listen,で、作者のより自発的な姿勢を鮮明にしているからです。特に、詩85篇の「私は聞きたい、聞こう」という態度がこの詩篇に大きな変化を与えている重要なキーワードです。
  • 8節の「聞きたい、聞こう」としている具体的な内容は、神の声、神の言葉です。しかしそれは律法的なことばではなく、やがてメシアによって実現されるシャロームの宣言のことです。シャロームとは「平和」を表わす言葉ですが、神の祝福を表わす総称としての語彙でもあります。換言するなら「福音」です。それほ作者は「聞きたい」「聞こう」としているのです。詩85篇9節以降にはやがて神の御子イエス・キリストによって実現する神の恩寵用語(名詞)が対句で羅列されています。しかも、これらの恩寵の対句は、やがて互いにしっかりと御子イエスによって結びあうことが預言的に語られています。
    (1)「救い」(イェーシャ) יֵשַׁעと「栄光」(カーボード) כָּבוֹד
    (2)「恵み」(ヘセド) חֶסֶדと「まこと」(エメス) אֱמֶת
    (3)「義」(ツェデク) צֶדֶקと「平和」(シャーローム) שָׁלוֹם
  • これらの用語は、私たち人間に対する神の恩寵によるかかわりの用語です。人間の努力によって実現できるものではありません。神の一方的な恩寵(好意)の祝福です。この恩寵だけが人を新しく変えていく力なのです。
  • 使徒パウロは、天からの光(啓示)を受けるまでは、キリストの福音を知りませんでした。彼は福音の光に触れて、はじめて自分が律法の束縛のなかにあったことを悟りました。その彼が「私は使徒の中では最も小さな者であって、使徒と呼ばれる価値のない者です。にぜなら、私は神の教会を迫害したからです。ところが、神の恵みによって、私は今の私になりました。そして、私に対するこの恵みは、無駄にはならず、私はほかのすべての使徒たちよりも多く働きました。しかし、それは私ではなく、私にある神の恵みです。」(Ⅰコリント15:9~10)と述べています。また彼は愛弟子のテモテに対しても「わが子よ。キリスト・イエスにある恵みによって強くなりなさい。」と勧めています。
  • 日ごとに神の恵みの福音を聞き、それを自分のたましいに向かって語り、また人にもそれを告げる者となりたいのです。だれにとっても、神の福音を聞くことがスタートです。

powered by Quick Homepage Maker 5.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional