****** 教会は、ヘブル的ルーツとつぎ合わされることで回復し、完成します。******

稚拙な文章ですが、あえて綴ってみます。


稚拙な文章ですが、あえて綴ってみると・・

御父
「息子よ。こんどお前に嫁を迎えさせたいと思っている。このことは前から考えていたことだ。そのために、お前の家族の家を造ろう。」

御子
「そうですか。ありがとうございます。どんな家を造られるのですか。」
御父

「どんな家かはすでに決めてある。ついてはその作業をお前にすべてまかせたい。御使いたちの中でわたしに反逆して使いものにならない者は、すでに天から落とした。そのため地は今や混沌となっているが、すでに定めている計画どおりにやってほしい。

御子
「お父さん。分かりました。すでに設計図と施工の手順は頭の中に入りました。六日で造るのですね。七日目に休んで、真の完成は八日目ですね。」

御父
「天から落とした暗やみのやからはおそらく妨害してくるだろう。手ごわいぞ。彼らはわたしをうらんでいる。そのうちお前が建てた家を壊しにかかるかもしれないが、その回復の手立てもちゃんと考えてある。犠牲を免れることはできないが、必ずや、お前の嫁を迎えさせて、お前のための大家族を建て上げ、完成できるようにしてある。完成に至るまでのすべての計画はわたしが定めた。そのための必要もすでに備えている。わたしを信頼して、さあ、事をはじめなさい。」

御子
「お父さん。分かりました。あなたの言われるとおりにやってみます。
では、・・『光があれ』。」


2015.12.1


a:884 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional