****** 教会は、ヘブル的ルーツとつぎ合わされることで回復し、完成します。******

第二次伝道旅行 (8) エペソ

文字サイズ:

30. 第二次伝道旅行 (8) エペソ(最終地)

【聖書箇所】 18章18節~28節

画像の説明


ベレーシート

  • 使徒の働き18章18節以降には、コリントを後にして、ケンクレヤで髪をそり、その後でエペソへ行き、そこから船出してカイザリヤ、エルサレムへと上り、教会に挨拶をしてから宣教のスタート地点であるアンテオケに戻っています。そこにしばらくいてから、パウロは第三次伝道旅行へと出発したことが18章23節に記されています。
  • 第二次伝道旅行でパウロがエペソに行ったときに、アクラとプリスキラも同行してエペソに行きますが、そこでパウロと別れることになります。エペソに滞在したプリスキラとアクラはそこで、はからずも、雄弁で学識豊かなアポロと出会います。この出会いはとても意味のある重要な事柄を私たちに伝えているように思います。

1. 聖書に通じていた雄弁なアポロというユダヤ人

  • 「アポロ」、原語では「アポッロース」(απολλως)。アレキサンドリヤの生まれとあります。エジプト北部にある地中海に面した文化都市、世界最古の図書館のあった学問都市です。離散したユダヤ人も多く、彼らのために70人訳聖書が作られたのもこの都市でした。使徒パウロの出身地タルソも実はアレキサンドリヤに並ぶ文化都市、学問都市であったと言われています。いわば、使徒パウロから直々の指導を受けたブリスキラとアクラとの出会いは、二つの学問都市出身の、しかも旧約聖書のエキスパートの出会いとも言えるのです。
  • 「雄弁な」(「ロギオス」λόγιος)とは「学識が豊かな、博学な」という意味で、新約聖書ではここの箇所しか使われていません。彼はパウロと同様、旧約聖書に精通していた人物です。彼がなぜエペソに来たのか、その理由は一切記されていませんが、「この人は、主の道の教えを受け、霊に燃えて、イエスのことを正確に語り、また教えていた」とあるように(18:25)、「主の道」を教えるためにエペソに来ていました。彼は、「主の道の教え」を教授され、しかも「霊に燃えて」「イエスのことを正確に語り、教えて」いました。「イエスのこと」とはどういうことでしょうか。それは、おそらく、「イエスの語ったことばや行いについて」語る事ができたということだと思います。彼はただ「ヨハネのバプテスマだけを理解して」いたとあります。ヨハネのバプテスマとは、悔い改めのバプテスマです。つまり、ヨハネは罪を悔い改めてヨハネの後に来る方であるイエスを紹介しようとした人です。アポロは、イエスの生涯、奇蹟、教え、受難、死と復活の事実を正確に教えられ、また自分でもそのことを霊に燃えて教えていたのです。

2. 真理にオープン・マインドだったアポロ

  • アポロが会堂で大胆に話していたとき、そこで聞いていたブリスキラとアクラは、彼の語る話の中に重大な事柄が欠けていることに気づきました。何が彼に欠けていたのでしょうか。そのことを知ったブリスキラとアクラはアポロを招き入れて、「神の道」をもっと正確に、より詳細に説明したのでした。
  • 「招き入れて」と訳されたことばは「プロスランバノー」(προσλαμβάνω)で、「脇へ引き寄せる、接待する、受け入れる、仲間とする」という意味で、おそらく、公衆の面前ではなく、個人的に、脇へ引き寄せて、あるいは自宅に連れて来て、彼の欠けた部分について詳細に説明したのでした。
  • アポロのいう「主の道」とプリスキラとアクラ夫妻のいう「神の道」がどのように違うのか、それを意味する説明はありませんが、おそらく、使徒たちが語っていた福音であることであるはずです。ルカは両者に見解の相違があることを示すために、あえてこのような表現をしたものと思われます。
  • 学識豊かな、博学なアポロに対して、プリスキラとアクラ夫婦がより正確に、しかも詳細に説明したことは驚きです。それができたのは、プリスキラとアクラ夫婦が直接使徒パウロからの指導を受けていたからだと思われます。また、同様に驚かさせれることは、アポロが彼らの言うことばに心と耳を傾け、しかもその後に自分のクインの理解を修正したという点に驚かされます。つまり、アポロが真理に対して、謙虚にそれを受け入れたということです。
  • ただでも雄弁なアポロが、ひとたび真理を握るならば大きな力となります。28節にはそのことを記しています。

    【新改訳改訂第3版】使 18:28
    彼は聖書によって、イエスがキリストであることを証明して、力強く、公然とユダヤ人たちを論破したからである。

  • フリスキラとアクラによって、アポロが教えられたことは、「イエスがキリストである」ということです。これこそ初代教会の重要な信仰告白であり、「福音」そのものであったからです。そのことを聖書(旧約聖書)によって証明し、イエスをキリストとして受け入れないユダヤ人を次々と論破するようになったのです。ここで使われている「論破する」という動詞「ディアカテレゴーマイ」(διακατελέγχομαι)はこの箇所にのみ使われています。「熱心に、懸命に論駁する」ことを意味します。
  • アポロはプリスキラとアクラ夫妻の助けによって、キリスト教の福音を護教する者となったのです。そしてコリントの教会でパウロの同労者としての働きをするようになりました。パウロは「私が植えて、アポロが水を注ぎました。・・植える者と水を注ぐ者は、一つですが、それぞれ自分自身の働きに従って、自分自身の報酬を受けるのです。私たちは神の協力者で・・す」と述べています(Ⅰコリント3:7~9)。

3. パウロの働きを支えたパートナーズ

  • 今回の聖書の箇所内で触れて置く必要のある事柄があります。それは、パウロの宣教の働きにおいて、良きパートナーが与えられているという恵みです。そうした存在はパウロにとってどんな大きな慰めでしょうか。第二次伝道においてそうしたパートナーとなった者たちを列挙してみると、
    (1) ルステラでは「テモテ」
    (2) トロアスでは「ルカ」
    (3) ピリピでは「ルデヤ」
    (4) コリントでは「プリスキラとアクラ夫妻」
    (5) エペソでは「アポロ」
    そして、パウロがコリントからケンクレヤという所に行ったときに、実は、そこでも主の弟子となった人物がおりました。その人物とは「フィベ」という女性です。
  • ローマ書16章1~2節で、バウロは「ケンクレヤにある教会の執事で、私たちの姉妹であるフィベをあなたがたに推薦します。どうぞ、聖徒にふさわしいしかたで、主にあってこの人を歓迎し、あなたがたの助けを必要とすることは、どんなことでも助けてあげてください。この人は、多くの人を助け、また私自身をも助けてくれた人です。」と紹介しています。おそらくこの「フィベ」が、パウロの手紙をローマにいる兄弟姉妹のもとに届けた姉妹だと思われます。
  • 良き同労者、良きパートナーは神からの贈り物です。そのような人々によってパウロの宣教の働きは実を結んで行ったのです。


2013.7.18


a:4199 t:2 y:2

powered by Quick Homepage Maker 5.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional