****** 教会は、ヘブル的ルーツとつぎ合わされることで回復し、完成します。******

詩128篇/B

Ⅴ/A(107~150篇) | テキストPs128 | 原典テキストPs128 | 瞑想Ps128/A | 礼拝用語Ps128? | 恩寵用語Ps128? | 

瞑想Ps128/B

◆キーパースを5節に据えてみました。

  • 主はシオンからあなたを祝福される>
    あなたはいのちの日の限り、エルサレムの繁栄を見よ。

◆この節には、主はご自身の住まいとして選ばれたシオンからの恩寵の方向と、そのシオン、すなわちエルサレムに対して神の繁栄(トーヴ)を見る人からの方向とが交差しています。

◆イスラエルの国全体の祝福と個人、あるいは家庭の幸福が密接な関係にあります。国全体の祝福は個人、あるいは家庭にその祝福が反映しています。キリストの教会も、夫婦や子どものあり方を規定し。そこにイエスに愛が反映しています。

◆家庭の建設は、国家の建設でもあります。今日の日本は、世界の中でも、また歴史的にも未曾有の高齢化社会に向かっています。と同時に次の社会を築く子どもたちもこれまた未曾有の少子化傾向へと進んでいます。日本の政府は、子ども支援をどのようにすべきか危機感を募らせています。日本の経済成長によって確かに、物はあふれ、それを手にすることができるようになりましたが、次の世代を担う子どもたちの育成は簡単なことではなく、国家的課題となっています。

◆聖書における神の祝福は家庭から出発しています。家庭の中では父親に神的権威を与えられていますが、母親は実質的な意味においてユダヤ人の厳しい食物規定を仕切りながら、家庭における隠れた権威をもって子どもの教育に当っていると聞きます。家庭の建設、家庭の祝福は、イスラエル全体の祝福の反映なのです。

◆詩篇128篇を通して、127篇と共に、「都上りという巡礼」が決して個人的な事柄ではなく、家族的取り組みなのだと言うことを知るることができます。

powered by Quick Homepage Maker 5.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional