****** 教会は、ヘブル的ルーツとつぎ合わされることで回復し、完成します。******

詩139篇/B

Ⅴ/A(107~150篇) | テキストPs139 | 原典テキストPs139 | 瞑想Ps139/A | 礼拝用語Ps139? | 恩寵用語Ps139? | 

瞑想Ps139/B

◆詩篇139篇は神と人との人格関係を最も深く表現した詩篇と言われています。その根拠として「神と私」を表わすことばが非常に多いということがあげられますが、それ以外の根拠としては、この詩篇は恩寵用語と言われる動詞のオンパレードだという点です。なんと17個の恩寵動詞が登場します。

(1)1, 23節ハーカルחָקַר探る、調べる、究める
(2)1, 2, 4, 23節ヤーダーיָדַע知る
(3)2節ビーンבִּין読みとる
(4)3節ザーラーזָרָה見守る、見分ける、探り出す
(5)3節サーハンסָכַן知っている、通じている
(6)5節ツゥールצוּר囲む、取り囲む、包囲する
(7)5節シートשִׁית(手を)置く
(8)10, 24節ナーハーנָחָה導く
(9)10節アーハズאָחַזとらえる、つかむ、握る
(10)13節カーナーקָנָה(内臓を)造る
(11)13節サーハフסָכַך組み立てる
(12)15節アーサーעָשָׂה造る
(13)15節ラーカムרָקַם仕組まれる、刺繍する、織りなす、綴り合わせる
(14)16, 24節ラーアーרָאָה見る
(15)16節カータヴכָּתַב書きしるす
(16)16節ヤーツァルיָצַר作る、骨組みを造る、予め定める、計画する
(17)23節バーハンבָּחַן調べる



◆恩寵用語に対して、礼拝用語はきわめて少ないのが特徴です。礼拝用語としては、
(1) 感謝します(ヤーダーיָדָה)
(2) 知る(ヤーダーיָדַע)

powered by Quick Homepage Maker 5.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional