****** 教会は、ヘブル的ルーツとつぎ合わされることで回復し、完成します。******

詩45篇/B

Ⅱ/B(42~72篇) | テキストPs45 | 原典テキストPs45 | 瞑想Ps45/A | 礼拝用語Ps45 | 恩寵用語Ps45 |

瞑想Ps45/B

◆詩篇45篇は王自身をたたえている珍しい詩篇です。ここでの王は「神」(7節)とさえ呼 ばれているほどです。

◆ところで、この詩45篇の「あなた」という名称がだれのことを言っているのかは明らかでは ありませんが、新約聖書のヘブル書では「あなた」とは御子イエスのことを指していると解釈 しています。ヘブル書の記者は詩篇の6節~7節を引用していますが、その光をもってこの詩篇を読むなら、王なるイエスの麗しさと優しさとを讃えている預言的な歌といえます。

◆6節では、「あなたの王国は世々限りなく、あなたの王国の杖は公正の杖、あなたは義を愛し、悪を憎んだ。それゆえ、神よ。あなたの神は喜びの油を、あなたのともがらにまして、あなたに注がれた。」と王の威光と権威を讃えています。この王こそ私たちの花婿です。この王なる花婿のすばらしさを讃えるだけでなく、やがて私たちを花嫁として迎え入れるために再びこの地上に迎えに来てくださる方です。作者はその方を「彼はあなたの夫であるから。彼の前にひれ伏せ」と訴えています。しかも、「娘よ。聞け。耳を傾けよ。あなたの民とあなたの父の家とを忘れよ。そうすれば王は、あなたの美を慕おう。」とも約束しています。 (10, 11節) 肉親の愛にも勝る、花婿に対する愛が求められます。

powered by Quick Homepage Maker 5.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional