****** 教会は、ヘブル的ルーツとつぎ合わされることで回復し、完成します。******

詩48篇/A

Ⅱ/A(42~72篇) | 原典テキストPs48 | 瞑想Ps48/A | 瞑想Ps48/B | 礼拝用語Ps48 | 恩寵用語Ps48 | Ps48の「かかわりの構造」 |

Ps48 新改訳改訂第3版

歌。コラの子たちの賛歌

1
【主】は大いなる方。大いにほめたたえられるべき方。
その聖なる山、われらの神の都において。
2
高嶺の麗しさは、全地の喜び。
北の端なるシオンの山は大王の都。
3
神は、その宮殿で、ご自身をやぐらとして示された。
4
見よ。王たちは相つどい、
ともどもにそこを通り過ぎた。
5
彼らは、見るとたちまち驚き、
おじ惑って急いで逃げた。
6
その場で恐怖が彼らを捕らえた。
産婦のような苦痛。
7
あなたは東風でタルシシュの船を打ち砕かれる。
8
私たちは、聞いたとおりを、そのまま見た。
万軍の【主】の都、われらの神の都で。
神は都を、とこしえに堅く建てられる。 セラ

9
神よ。私たちは、あなたの宮の中で、
あなたの恵みを思い巡らしました。
10
神よ。あなたの誉れはあなたの御名と同じく、
地の果てにまで及んでいます。
あなたの右の手は義に満ちています。
11
あなたのさばきがあるために、シオンの山が喜び、
ユダの娘が楽しむようにしてください。

12
シオンを巡り、その回りを歩け。
そのやぐらを数えよ。
13
その城壁に心を留めよ。その宮殿を巡り歩け。
後の時代に語り伝えるために。
14
この方こそまさしく神。
世々限りなくわれらの神であられる。
神は私たちをとこしえに導かれる。

powered by Quick Homepage Maker 5.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional