****** 教会は、ヘブル的ルーツとつぎ合わされることで回復し、完成します。******

「道」   デレフ

画像の説明

  • 「道」と訳されたデレフדֶּרֶךְ(derekh)は、旧約で706回、詩篇では66回、詩篇119篇では13回です。文字通りの意味にも、比喩的な意味にも使われますが、神と人とのかかわりにおける「道」とは、霊的な旅路のことであり、具体的には「主の道を歩むこと」です。主が命じられたすべての道を歩むこと、それが生きる道であり、しあわせになる道だということです。
  • 詩篇1篇の作者はこうした生き方を次のように表現しました。「主のおしえ(トーラー)を喜びとし、昼も夜もそれを口ずさむ」、そのような人は「水路のそばに植わった木のように、時が来ると実がなり、その葉は枯れず、何をしても栄える」と。
  • 「人の目にはまっすぐに見える道(דֶּרֶךְ)がある。その道の終わりは死の道である。」(箴言14:12)と、それゆえ「若者をその行く道にふさわしく教育せよ。そうすれば、年老いてもそこから離れない」(同、22:6)とも教えられています。

  • 旧約聖書で「道」を表わす「デレフ」と「オーラフ」は、新約聖書ではホドス(όδος) で統一されています。「道」「道ばた」「旅人」という文字通りの意味と、また「いのちに至る道」(マタイ7:14)、「平和への道」(ルカ1:79, ローマ3:17)、「真理の道」(Ⅱペテロ2:2)、「義の道」(マタイ21:32、Ⅱペテロ2:21)、「救いの道」(使徒16:17)、「さらにまさる道」(Ⅰコリント12:31)、つまり「愛の道」と言った霊的な道を意味するものがあります。
  • 聖書(旧約)に通じていたユダヤ人の雄弁なアポロは、エペソの会堂で、霊に燃えて「主の道」を人々に熱心に教え語っていましたが、それを聞いていたプリスキラとアクラが、彼を自分たちの家に招きいれて、「神の道」をもっと正確に彼に説明した(使徒18:24~26)とあります。
  • キリスト教、あるいはキリスト者が、聖書では「この道」(The Way)と言われています(使徒9:2/19:2, 23/22:4/24:14)。

  • 以下、詩篇にある「道」(デレクדֶּרֶךְ)の箇所です。まずは詩篇119篇にある「道」の聖書箇所は13回です。一通り、最後まで読まれることをお勧めします。

【新改訳改訂第3版】
119:1
幸いなことよ。全き道を行く人々、【主】のみおしえによって歩む人々。
119:3
まことに、彼らは不正を行わず、主の道を歩む。
119:5
どうか、私の道を堅くしてください。あなたのおきてを守るように。
119:14
私は、あなたのさとしの道を、どんな宝よりも、楽しんでいます。
119:26
私は私の道を申し上げました。すると、あなたは、私に答えてくださいました。どうか、あなたのおきてを私に教えてください。
119:27
あなたの戒めの道を私に悟らせてください。私が、あなたの奇しいわざに思いを潜めることができるようにしてください。
119:29
私から偽りの道を取り除いてください。あなたのみおしえのとおりに、私をあわれんでください。
119:30
私は真実の道を選び取り、あなたのさばきを私の前に置きました。
119:32
私はあなたの仰せの道を走ります。あなたが、私の心を広くしてくださるからです。
119:33
【主】よ。あなたのおきての道を私に教えてください。そうすれば、私はそれを終わりまで守りましょう。
119:37
むなしいものを見ないように私の目をそらせ、あなたの道に私を生かしてください。
119:59
私は、自分の道を顧みて、あなたのさとしのほうへ私の足を向けました。
119:168
私はあなたの戒めと、さとしとを守っています。私の道はすべて、あなたの御前にあるからです。


詩 1:1
幸いなことよ。悪者のはかりごとに歩まず、罪人の道に立たず、あざける者の座に着かなかった、その人。
詩 1:6
まことに、【主】は、正しい者の道を知っておられる。しかし、悪者の道は滅びうせる。
詩 2:12
御子に口づけせよ。主が怒り、おまえたちが道で滅びないために。怒りは、いまにも燃えようとしている。幸いなことよ。すべて主に身を避ける人は。
詩 5:8
【主】よ。私を待ち伏せている者がおりますから、あなたの義によって私を導いてください。私の前に、あなたの道をまっすぐにしてください。
詩 10:5
彼の道はいつも栄え、あなたのさばきは高くて、彼の目に、入らない。敵という敵を、彼は吹き飛ばす。
詩 18:21
私は【主】の道を守り、私の神に対して悪を行わなかった。
詩 18:30
神、その道は完全。【主】のみことばは純粋。主はすべて彼に身を避ける者の盾。
詩 18:32
この神こそ、私に力を帯びさせて私の道を完全にされる。
詩 25:4
【主】よ。あなたの道を私に知らせ、あなたの小道を私に教えてください。
詩 25:8
【主】は、いつくしみ深く、正しくあられる。それゆえ、罪人に道を教えられる。
詩 25:9
主は貧しい者を公義に導き、貧しい者にご自身の道を教えられる。
詩 25:12
【主】を恐れる人は、だれか。主はその人に選ぶべき道を教えられる。
詩 27:11
【主】よ。あなたの道を私に教えてください。私を待ち伏せている者どもがおりますから、私を平らな小道に導いてください。
詩 32:8
わたしは、あなたがたに悟りを与え、行くべき道を教えよう。わたしはあなたがたに目を留めて、助言を与えよう。
詩 35:6
彼らの道をやみとし、また、すべるようにし、【主】の使いに彼らを追わせてください。
詩 36:4
彼は寝床で、不法を図り、よくない道に堅く立っていて、悪を捨てようとしない。
詩 37:5
あなたの道を【主】にゆだねよ。主に信頼せよ。主が成し遂げてくださる。
詩 37:7
【主】の前に静まり、耐え忍んで主を待て。おのれの道の栄える者に対して、悪意を遂げようとする人に対して、腹を立てるな。
詩 37:23
人の歩みは【主】によって確かにされる。主はその人の道を喜ばれる。
詩 37:34
【主】を待ち望め。その道を守れ。そうすれば、主はあなたを高く上げて、地を受け継がせてくださる。あなたは悪者が断ち切られるのを見よう。
詩 39:1
私は言った。私は自分の道に気をつけよう。私が舌で罪を犯さないために。私の口に口輪をはめておこう。悪者が私の前にいる間は。
詩 49:13
これが愚か者どもの道、彼らに従い、彼らの言うことを受け入れる者どもの道である。 セラ
詩 50:23
感謝のいけにえをささげる人は、わたしをあがめよう。その道を正しくする人に、わたしは神
詩 51:13 私は、そむく者たちに、あなたの道を教えましょう。そうすれば、罪人は、あなたのもとに帰りましょう。
詩 67:2
それは、あなたの道が地の上に、あなたの御救いがすべての国々の間に知られるためです。
詩 77:13
神よ。あなたの道は聖です。神のように大いなる神が、ほかにありましょうか。
詩 77:19
あなたの道は海の中にあり、あなたの小道は大水の中にありました。それで、あなたの足跡を見た者はありません。
詩 80:12
なぜ、あなたは、石垣を破り、道を行くすべての者に、その実を摘み取らせなさるのですか。
詩 81:13
ああ、ただ、わが民がわたしに聞き従い、イスラエルが、わたしの道を歩いたのだったら。
詩 85:13
義は、主の御前に先立って行き、主の足跡を道とします。
詩 86:11
【主】よ。あなたの道を私に教えてください。私はあなたの真理のうちを歩みます。私の心を一つにしてください。御名を恐れるように。
詩 89:41
道を通り過ぎる者はみな、彼から奪い取り、彼は隣人のそしりとなっています。
詩 91:11
まことに主は、あなたのために、御使いたちに命じて、すべての道で、あなたを守るようにされる。
詩 95:10
わたしは四十年の間、その世代の者たちを忌みきらい、そして言った。「彼らは、心の迷っている民だ。彼らは、わたしの道を知ってはいない」と。
詩 101:2
私は、全き道に心を留めます。いつ、あなたは私のところに来てくださいますか。私は、正しい心で、自分の家の中を歩みます。
詩 101:6
私の目は、国の中の真実な人たちに注がれます。彼らが私とともに住むために。全き道を歩む者は、私に仕えます。
詩 102:23
主は私の力を道の途中で弱くされ、私の日数を短くされました。
詩 103:7
主は、ご自身の道をモーセに、そのみわざをイスラエルの子らに知らされた。
詩 107:4
彼らは荒野や荒れ地をさまよい、住むべき町へ行く道を見つけなかった。
詩 107:7
また彼らをまっすぐな道に導き、住むべき町へ行かせられた。
詩 107:17
愚か者は、自分のそむきの道のため、また、その咎のために悩んだ。
詩 107:40
主は君主たちをさげすみ、道なき荒れ地に彼らをさまよわせる。
詩 110:7
主は道のほとりの流れから水を飲まれよう。それゆえ、その頭を高く上げられる。
詩 128:1
幸いなことよ。すべて【主】を恐れ、主の道を歩む者は。
詩 138:5
彼らは【主】の道について歌うでしょう。【主】の栄光が大きいからです。
詩 139:3
あなたは私の歩みと私の伏すのを見守り、私の道をことごとく知っておられます。
詩 139:24
私のうちに傷のついた道があるか、ないかを見て、私をとこしえの道に導いてください。
詩 143:8
朝にあなたの恵みを聞かせてください。私はあなたに信頼していますから。私に行くべき道を知らせてください。私の
たましいはあなたを仰いでいますから。
詩 145:17
【主】はご自分のすべての道において正しく、またすべてのみわざにおいて恵み深い。
詩 146:9
【主】は在留異国人を守り、みなしごとやもめをささえられる。しかし主は悪者の道を曲げられる。

powered by Quick Homepage Maker 5.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional