****** キリスト教会は、ヘブル的ルーツとつぎ合わされることで回復し、完成します。******

1章27節


創世記1章27節

【新改訳2017】

神は人をご自身のかたちとして創造された。神のかたちとして人を創造し、男と女に彼らを創造された。

כז וַיִּבְרָא אֱלֹהִים ׀ אֶת־הָאָדָם בְּצַלְמֹו בְּצֶלֶם אֱלֹהִים

בָּרָא אֹתֹו זָכָר וּנְקֵבָה בָּרָא אֹתָם׃

1. 三度繰り返される「創造する」は何を意味するのか

●27節の「神は人をご自身のかたちとして創造された」は、「ツェレム」(צֶלֶם)が二重に重ねられて強調されています。原文では「ヘツァルモー・ベツェレム」(בְּצַלְמֹו בְּצֶלֶם)で、「ご自分のかたちにかたどって」という意味です。また、人が神のことばによって創造されたということを、「創造した」(「バーラー」בָּרָא) という動詞を三度も重ねて強調しています。26節では「われわれは造ろう」の「造ろう」は「アーサー」(עָשָׂה)が使われていました。それはその原型がすでにあって、それに似せて造ろうということであったのですが、27節では「神は人をご自身のかたちとして創造された。神のかたちとして人を創造し、男と女に彼らを創造された」と三度も「バーラー」(בָּרָא)が使われているのはなぜでしょうか。

●この創世記1章が書かれた時代、あるいはそれが編集された時期は、イスラエルの民が神のかたちを失ってバビロン捕囚の経験していたことを思えば、納得できる話なのです。「バーラー」の三度重ねられているのは、神の救いのご計画における歴史的出来事を通して、「神は人をご自身のかたちとして、人を神のかたちとして、人を男と女に」創造するということを強調しているものと考えられます。創世記1章の創造は、常に2節にある「地はトーフー・ヴァヴォーフー」の状態であったことを思い起こす必要があります。そして「創造する」は完了形てす。つまり、創世記1章はそのような人を最終的に神が創造するのだという神のご計画が記されたものだと考えることができるのです。

●人(「ハーアーダーム」הָאָדָם)が、ここで「男」を意味する「ザーハール」(זָכָר)と、「女」を意味する「ネケーヴァー」(נְקֵבָה)とに創造されています。それぞれ子孫を造っていくための性としての男性と女性、雄と雌という意味でもあります。「ザーハール」(זָכָר)の語源は「ザーハル」(זָכַר)で、「神に心に留められている、覚えられている」という意味ですが、そこから派生する名詞「ジッカーローン」(זִכָּרוֹן)は「記念、象徴物』を意味し、男根器を意味します。逆に「女性」を意味する「ネケーヴァー」(נְקֵבָה)の語源「ナーカヴ」(נָקַב)に女性器の形状をイメージさせる意味があります。とりわけ、男性は「種」(「ゼラ」זֶרַע)を持つ存在であることが重要です。でなければ、「生めよ、増えよ、地を満たせ」という神の命令を実現することはできません。

●26節の「人」は定冠詞のない「アーダーム」(אָדָם)であったのに対して、ここ27節では冠詞付きの「ハーアーダーム」(הָאָדָם)になっています。ちなみに、2章における「人」は、すべて定冠詞付きのアダムとなっています。

●最初アダムが男と女とに造られたのは、人における関係性を意味します。これは神の本質の中にあるものです。特に、最後のアダムの場合(こちらが本体なのですが)、男と女の関係性は、メシアであるイェシュアとイスラエル、および教会との関係として現わされます。イスラエルも教会もイェシュアの種によって子を産むという使命が達成されるように計画されているからです。

2020.2.19

a:330 t:5 y:3

powered by Quick Homepage Maker 5.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional