****** 詩篇は、神と私たちの生きた関係を築く上での最高のテキストです。******

1. 列王記の主題と構造

歴史書(1)の目次

1. 列王記の主題と構造

(1) 列王記の主題は、

消極的な意味においては、「世俗化が招いた王制理念の崩壊」であり、
積極的な意味においては、「王法よりも神法」である。
イスラエル王国の滅亡の歴史を媒介として、預言者のことばが正しかったことを証明している。

(2) 列王記の構造

1列王 1章~11章1列12章~Ⅱ列17章2列王18章~25章
ソロモンによる統一王国(40年間)二つの王国の同時的歴史南ユダ単一王国の歴史



a:1758 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional