****** 教会は、ヘブル的ルーツとつぎ合わされることで回復し、完成します。******

2章4節


創世記2章4節

【新改訳2017】創世記2章4節
これは天と地が創造されたときの経緯である。
神である【主】が(יהוה אֱלֹהִים)、地と天を造られた(עָשָׂה)ときのこと。

【聖書協会共同訳】創世記2章4節
これが天と地が創造された次第である。
神である主が地と天を造られたとき、


  • 創世記1章では「天と地」となっていて、天にあるものについても記されていますが、創世記2章では「地と天」となっており、天に関する記述がありません。もっぱら「地」に関することだけです。「大地」の「アダーマー」(אֲדָמָה)と「人」の「アーダーム」(אָדָם)は語呂合わせとなっています。また、創世記1章は「」(「エローヒーム」אֱלֹהִים)であるのに対し、創世記2章では「神である主」(「アドナイ・エローヒーム」יהוה אֱלֹהִים)となっています。
  • さらに、創造の動詞も創世記1章では「バーラー」(בָּרָא)となっているのに対し、2章では「アーサー」(עָשָׂה)という動詞(不定詞)が使われています。創造の順序も創世記1章では植物が人間よりも先に造られたのに対し、創世記2章では植物よりも人間が先に創造されています。一見、まるでさかさまのように見えます。そもそも1章と2章では資料が異なるという見解がありますが、創造の視点が異なっているだけです。ですからその視点の違いを矛盾と見るのではなく、相補的・補完的・重層的に見なければなりません。イェシュアもパリサイ人からの離婚に関する質問に対して、創世記1章の「創造者は、初めから人を男と女に造って」と語り、続いて創世記2章の「それゆえ、人はその父と母を離れて、その妻と結ばれ、ふたりの者が一心同体になるのだ」と言って、「人は、神が結び合わせたものを引き離してはなりません」と答えています(マタイ19:4~6)。つまり、イェシュアは創世記1章と2章を一つに結びつけて語っておられるのです。


2018.11.29

a:666 t:1 y:0

}}

powered by Quick Homepage Maker 5.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional