****** 教会は、ヘブル的ルーツとつぎ合わされることで回復し、完成します。******

2章7節


創世記2章7節A

【新改訳2017】創世記2章7節
神である【主】は、その大地のちり(עָפָר)で人を形造り(יָצָה)、その鼻にいのちの息を吹き込まれた(נָפַח)。それで人は生きるもの(נֶפֶשׁ חַיָּה)となった。

【聖書協会共同訳】創世記2章7節
神である主は、土の塵で人を形づくり、その鼻に命の息を吹き込まれた。人はこうして生きる者となった。


1. 大地のちりで形作られた人間(ハーアーダーム)

  • 人間は大地の「ちり」(「アーファール」עָפָר)という物質で造られています。その「ちり」で造られた人間に神である主がいのちの息を吹きかけられたことで、人間は生きるものとなったのです。同じ「ちり」でも、詩篇90篇3節にある「あなたは人をちりに帰らせて」の「ちり」とは語彙が異なります。詩篇90篇の「ちり」は「ダッカー」(דַּכָּא)で、「人を神に立ち返らせるために、神の前に砕かれる」という積極的・恩寵的な意味合いがあります。同じ「ちり」でも原語を見ると異なっています。人間は土の「ちり」(עָפָר)で造られましたが、罪を犯して「いのちの息」(「ニシュマット ハッイーム」נִשְׁמַת חַיִּים)を失ったために、人は死ぬと「土に帰る」ことが定められてしまいました。

【新改訳2017】創世記 3章19 節
あなたは、顔に汗を流して糧を得、ついにはその大地に帰る。あなたはそこから取られたのだから。あなたは土のちり(עָפָר)だから、土のちり(עָפָר)に帰るのだ。」

  • しかし、ちりに帰った人を再創造されるのも【主】なのです。これはやがてイスラエルの歴史において実際に現実化する神のマスタープランと言えます。

2. 「陶器師としての主」

(1) 「形造る」と訳された「ヤーツァル」(יָצַר)

  • 「ヤーツァル」(יָצַר)という動詞は、陶器師が粘土で形造って作品とすることをイメージさせます。この動詞は63回使われていますが、とても研究すべき語彙の一つです。それは、陶器師としての神である【主】が、イスラエルに対する扱いを知るうえできわめて重要なのです。パウロは、キリスト者とは「宝を入れた土の器」のことを宣べています(Ⅱコリンと4:7)。ここでいう「宝」とは、贖われた私たちのうちに住むでおられるイェシュア・メシアです。その原型こそがまさに創世記2章7節ある「その」(「ハーアーダーム」הָאָדָם)なのです。
  • 土の「ちり」(「アーファール」עָפָר)とは、陶器師が使うために、土から選び出した最高の粘土のことです。ヨブ記10章9節でこう語っています。

    【新改訳2017】ヨブ 10:9
    思い出してください。あなたは私を粘土(「ホーメル」חֹמֶר)のようにして造られました。
    私を土のちり(「アーファール」עָפָר)に戻そうとなさるのですか。

  • この箇所は、同義的パラレリズムです。つまり、「粘土」と「ちり」は同義だということです。聖書は神と人(イスラエル)との関係を例える表現として、陶器師と粘土という類比を用いました(エレミヤ18:2~11)。脚注
    陶器師は選び出した粘土を何度も揉んで形にしたあと、それを火で焼くことで陶器となります。これはとても大切なプロセスです。火で焼くとは試練を意味します。尊い「ちり」(=特別に選ばれた粘土)を目に見える形にした後に、火という試練(苦しみ)を通して神の作品とするのです。それはイスラエルの民も、また教会も同様です。とりわけ、イスラエルを形造った(ヤーツァルした)方が、「わたしの目には、あなたは高価で尊い」(=「ちり」)と言っています(イザヤ43:4)。

(2) 「いのちの息」(「ニシュマット ハッイーム」)を吹き込まれた人

  • 創世記1章と2章で異なる点は、1章では人を「ご自身のかたちに」(「ベツァルモー・ベツェルム」בְּצַלְמוֹ בְּצֶלֶם)として創造し、(「ザーハール」זָכָר)と(「ネケーヴァー」נְקֵבָה)に、彼らを神のことばによって創造したのに対し、2章では「土のちりで形造った」だけでなく、人の鼻から「いのちの息(「ニシュマット ハッイーム」נִשְׁמַת חַיִּים)を吹き込むこと」で「生きるもの」(「ネフェシュ ハッヤー」נֶפֶשׁ חַיָּה)とさせたことです。
  • ちなみに、「ネフェシュ ハッヤー」נֶפֶשׁ חַיָּה)は人間の他に、被造物すべてに使われますが、「ニシュマット ハッイーム」(נִשְׁמַת חַיִּים)を吹き込まれたのは人間のみです。
  • いのちの息」(「ニシュマット・ハッイーム」נִשְׁמַת חַיִּים)というフレーズは、ここにしか出てこない語彙です。「」のことを「ニシャーマー」(נִשָׁמָה)と言い、その連語形が「ニシュマット」(נִשְׁמַת)となります。「ニシュマット」が単数形であるのに対し、「いのち」が複数形となっているのは、「エローヒーム」と同じように、畏敬を表わすものと言えます。
  • ヘブル語で神の「息」のことを一般的に「ルーアッハ」(רוּחַ)と言いますが、以下の箇所を見るなら、「ネシャマー」(נְשַׁמָה)と「ルーアッハ」(רוּחַ)とは同義だと理解できます。ちなみにそれぞれの使用頻度は、「ルーアッハ」が389回であるのに対し、「ネシャマー」はわずか24回です。

ヨブ記4章9 節「彼らは神の息吹(נְשַׁמָה)によって滅び、御怒りの(רוּחַ)によって消え失せる。」(新改訳2017)

同 27章3 節「私の(נְשַׁמָה)が私のうちにあり、神の(רוּחַ)が私の鼻にあるかぎり、・・」(同)

同 32章8節「確かに、人の中には(רוּחַ)があり、全能者の(נְשַׁמָה)が人に悟りを与える。」(同)

●および同33:4、34:14。イザヤ42:5、57:16を参照のこと。これらの例から、「ネシャマー」と「ルーアッハ」が同義的パラレリズムであることが分かります。

  • 生きるもの」=「生ける魂」(「ネフェシュ・ハッヤー」נֶפֶשׁ חַיָּה)。この表現は人間だけでなく、創世記1章30節にあるように、生きるいのちのあるすべてのものに対しても使われています。2章における人間の創造の特徴は、神が人の「鼻(複数)にいのちの息を吹き入れた」ことにあります。そのことが他の被造物との大きな違いです。七十人訳は鼻ではなく「その顔にいのちの息を吹きかけた」と訳しています。鼻であっても顔であっても、いずれにしても神と人が顔を向かい合わせていることには変わりありません。これは2章後半で、人と、それに「向かい合う者としての助け手」(「エーゼル・ケネグドー」עֵזֶר כְּנֶגְדּוֹ)とのかかわりの型となっています。
  • 神である主が人の鼻にいのちの息を「吹き込む」ことで人は生きるものとなったのですが、この「吹き込む」の「ナーファハ」(נָפַח)が、同じくいのちと関係して用いられている箇所にエゼキエル書 37章9節があります。それは終わりの日、全イスラエルが回復するためになされる神の奥義であり、驚くべき神の恩寵的行為です。

【新改訳2017】エゼキエル書37章9節
そのとき、主は言われた。「息に預言せよ。人の子よ、預言してその息に言え。『【神】である主はこう言われる。息よ、四方から吹いて来い。この殺された者たちに吹きつけて、彼らを生き返らせよ。』」



脚注
陶器師について、参考となる本が出版されています。
●ネル・ケネディ著「陶器師の手の中で」(菅野卓子・蒲田恵美子共訳、いのちのことば社、1993年)。この本から、「陶器師としての神である主」についてイメージすることができます。

2018.11.29

a:714 t:1 y:3

powered by Quick Homepage Maker 5.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional