****** 教会は、ヘブル的ルーツとつぎ合わされることで回復し、完成します。******

2. 創世記 Ⅰ

文字サイズ:

〔2〕 「創世記 」(1~25章)の瞑想

  • ここでの「聖書を横に読む」目的は、漠然と読んでいくのではなく、神と人とのかかわりの歴史という視点から読み、瞑想をしていく訓練(エクササイズ)です。「聖書を横に読む」ためには気球に乗って流れの大筋を把握することが必要です。そのためには個人的に興味や関心のある部分はできるだけ割愛することが必須です。しかしそれでは全くの楽しみがなくなりますから、適度に望遠鏡で覗いてみるのも良いと思います。学校帰りの子どもの「道くさ」は時間を忘れるほどに楽しいもので、子どもにとって大切な意味合いがあると思います。しかし本来の「道」からそれないためにも、自分の関心のトピックは別枠の時間を作り出して楽しみたいものです。それを、私は「道草の宝もの」と題してまとめてみたいと思っています。
  • 特に、創世記の最初の部分(数章)は、特に、服のボタンを掛け間違わないように注意するよう自分に言い聞かせなければなりません。なぜなら「創世記」は「はじまりの書」と呼ばれ、作家であるならば、その処女作にその作家が生涯かけて取り組むべきテーマや課題が未展開のままで提示されているように、創世記の最初の数章は、神の救いの歴史における重要なテーマや思想が未展開のままで提示されているのです。「木を見て森を見ず」とならないように、絶えず森全体の視点から木を見ていく訓練を自ら課していく必要があります。そうすることによって、神ご自身の方から語りかけてきます。

2011.8.8~9.26

No.聖書箇所タイトル実施日
11:~2:創造の冠として造られたアダム8.08
23:堕罪と原福音の預言8.09
34:カインの系譜と「主の御名によって祈る」セツの系譜8.09
45:~6:8アダム系図(セツの系譜)の中に秘められたメッセージ8.10
56:9~7:堕落した暗黒時代の神の灯火としてのノア8.12
68:~9:17主のための祭壇を築いたノア、およびノア契約と祝福8.13
78:主の独白が意味すること8.20
89:17~11:9ノアの系図と息子ハムの呪い8.16
911:10~32セムからテラへ、テラの系図が意味するもの8.17
1012:1~13:アブラハムに与えられた恵みの契約8.19
1114:メルキゼデクに啓示された「いと高き神」8.31
1214:~15:さまざまな契約のかたち 〔国と国、人と人、神と人〕8.22
1316:アブラハムの生涯における最大の失敗8.24
1416:想定外の事態に苦しむサラ9,03
1517:1~21アブラハムとサラの改名の秘密8.27
1617:創世記15章と17章に見られる契約の相違について8.31
1717:9~27契約のしるしとしての割礼9.06
1818:アブラハムに対する二つの予告9.07
1919:とりなしの思想の萌芽9,09
2020:サラに対する主の守り9.10
2121:サラの生涯における最大の喜び(笑い)と不穏な空気9.05
2222:アブラハムの信仰の最大の試練9.07
2322:祝福する神と「アドナイ・イルエ」の信仰9.16
2423:サラの死を契機に墓地を取得しようとした意図9.15
2524:神の祝福の継承というアブラハムの最後の課題9.17
2624:神の確かな導き(ヘブル語動詞の強意形を手繰る)9.21
補完24:67イサクは、⺟のなきあと、慰めを得た
2725:1~11「父の務め」と「子の務め」9.23
2825:19~34エサウとヤコブの誕生とそれぞれの素性9.26



【トピック】
1.創世記ヘブル語原典と朗読
2.アブラハムの故郷「ウル」の場所についての情報
3.創世記3章8節の「そよ風の吹くころ」の解釈についての情報
4. 発見されたノアの箱舟
5.アブラハムが滞在した場所
6.創世記における動詞「バーラフ」と名詞「ベラハー」
7.創世記1章1節にある「メリズモ」修辞法と「バーラー」という動詞について
8.創世記2章7節にある人間の創造について(「人とは何者なのでしょう」)
9. ヘブル語の男と女―「イーシュとイッシャー」の秘密
10.「『カインとアベルのささげ物』に隠されている神の真意
11.エデンの園の一つの川から別れ出た四つの川
12.ウルのジッグラト、および、アブラハムの家(House of Abraham)
13.「アブラハムの生涯における『レフ・レハー』(לֶךְ־לְךָ)の意義」
14.旧約の宇宙観(岩波書店「旧約聖書XIー詩篇」416頁)

画像の説明


a:111113 t:15 y:80

powered by Quick Homepage Maker 5.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional