****** 教会は、ヘブル的ルーツとつぎ合わされることで回復し、完成します。******

3章22節


創世記3章22節

【新改訳2017】
神である【主】はこう言われた。「見よ。人はわれわれのうちのひとりのようになり、善悪を知るようになった。今、人がその手を伸ばして、いのちの木からも取って食べ、永遠に生きることがないようにしよう。」

וַיֹּאמֶר ׀ יְהוָה אֱלֹהִים הֵן הָאָדָם הָיָה כְּאַחַד מִמֶּנּוּ

לָדַעַת טֹוב וָרָע וְעַתָּה ׀ פֶּן־יִשְׁלַח יָדֹו וְלָקַח

גַּם מֵעֵץ הַחַיִּים וְאָכַל וָחַי לְעֹלָם׃

(上段)「ヴァッヨーメル アドナイ エローヒーム ヘーン ハーアーダーム ハーヤー ケアハッド ミンメヌー」
(中段)「ラーダアット トーヴ ヴァラー ヴェアッター ペン・イショラハ ヤードー ヴェラーカハ」
(下段)「ガム メーエーツ ハハッイーム ヴェアーハル ヴァーハイ レオーラーム」

  • 22節で最も理解しがたい点は、「人はわれわれのうちのひとりのように・・なった」(新改訳)、あるいは「人は我々の一人のようになった」(新共同訳)という部分です。この点について、へブル・ミドゥラーシュを共にしてきた仲間の一人、金(キム)聖圭牧師はこの部分を次のように訳しています。

「神である【主】はこう言われた。「見よ。人が善悪を知ることにおいて、善悪の知識の木とひとつのようになった。今、人がその手を伸ばして、いのちの木からも取って食べ、永遠に生きることがないようにしよう。」

  • この訳は卓見です。なぜなら、多くの聖書が「人はわれわれのうちひとりのように」の「われわれのうち」(「ミンメヌー」מִמֶּנּוּ)を、あたかも「神」の意味する語彙として訳しているからです。実はこのことが意味を分からなくしている要因です。金師は「ミンメヌー」(מִמֶּנּוּ)を「善悪の知識の木」して解釈しています。そして。「ひとりのように」の「
    ケアハッド」(כְּאַחַד)を「~とひとつのように」なったとしています。つまり、「善悪の知識の木とひとつになった」のは、「その人」(「ハーアーダーム」הָאָדָם)なのです。それゆえ、彼はエデンの園から追い出されたのです。これで意味がすっきりします。
  • 金師が「ミンメヌー」(מִמֶּנּוּ)を「善悪の知識の木」して解釈したのは、それなりの根拠があります。それは、創世記1~3章の中にこの「ミンメヌー」が何度が使われおり。そこから検証して、これを「善悪の知識の木」と訳すべきだとしているのです。

(1)創世記2章17節(2回)
【新改訳2017】
しかし、善悪の知識の木からは、(それから)食べてはならない。その木から食べるとき、あなたは必ず死ぬ。」

וּמֵעֵץ הַדַּעַת טֹוב וָרָע לֹא תֹאכַל מִמֶּנּוּ כִּי בְּיֹום אֲכָלְךָ מִמֶּנּוּ מֹות תָּמוּת׃

(2)創世記3章3節
【新改訳2017】
しかし、園の中央にある木の実については、『あなたがたは、それを(=それから)食べてはならない。それに触れてもいけない。あなたがたが死ぬといけないからだ』と神は仰せられました。」

וּמִפְּרִי הָעֵץ אֲשֶׁר בְּתֹוךְ־הַגָּן אָמַר אֱלֹהִים לֹא תֹאכְלוּ מִמֶּנּוּ וְלֹא תִגְּעוּ בֹּו פֶּן־תְּמֻתוּן׃

(3)創世記3章5節
【新改訳2017】
「それを(=それから)食べるそのとき、目が開かれて、あなたがたが神のようになって善悪を知る者となることを、神は知っているのです。」

כִּי יֹדֵעַ אֱלֹהִים כִּי בְּיֹום אֲכָלְכֶם מִמֶּנּוּ וְנִפְקְחוּ עֵינֵיכֶם וִהְיִיתֶם כֵּאלֹהִים יֹדְעֵי טֹוב וָרָע׃

(4)創世記3章11節
【新改訳2017】
主は言われた。「あなたが裸であることを、だれがあなたに告げたのか。あなたは、食べてはならない、とわたしが命じた木から(=それから)食べたのか。」

וַיֹּאמֶר מִי הִגִּיד לְךָ כִּי עֵירֹם אָתָּה הֲמִן־הָעֵץ אֲשֶׁר צִוִּיתִיךָ לְבִלְתִּי אֲכָל־מִמֶּנּוּ אָכָלְתָּ׃

●以上の点からすれば、「ミンメヌー」(מִמֶּנּוּ)は「それから」という意味になり、「それ」(男性形)とは「善悪の知識の木」であり、少なくとも創世記1~3章においては、それ以外の意味にはならないのです(脚注)。したがって、3章22節も同様に「善悪の知識の木」でなければなりません。金(キム)師が、「人はわれわれのうちのひとりのように」ではなく、「人は善悪の知識の木とひとつになった」と解釈したことは、卓見なのです。

  • 最初の人である「アダム」が「善悪の知識の木とひとつ(「エハード」אֶחָד)のようになった」ことがエデンの園から追放されることになったとするなら、エデンの園に入るためには、「わたしはぶどうの木である」と言われたイェシュアとひとつに(אֶחָד)されなければならないことになります。これがヨハネの福音書15章の「とどまる」ことであり、17章の「あなたがわたしにおられ、わたしがあなたにいる(אֶחָד)ように、彼らがみな一つ(אֶחָד)となる」ことが必要なのです。このために、イェシュアは御父にとりなしているのです。

脚注
●ちなみに、「ミンメヌー」(מִמֶּנּוּ)は男性形ですが、「ミンメナー」(מִמֶּנָּה)は女性形で、「それから」を意味します。同じく、創世記3章19節で「あなたは、顔に汗を流して糧を得、ついにはその大地に帰る。あなたはそこから取られたのだから。あなたは土のちりだから、土のちりに帰るのだ」とあります。この場合の「ミンメナー」(מִמֶּנָּה)」は「土」を表します。「土」(「ハーアダーマ」הָאֲדָמָה)は女性形なのです。

2019.10.29

a:81 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional