****** キリスト教会は、ヘブル的ルーツとつぎ合わされることで回復し、完成します。******

3章9~10節


創世記 3章9~10節

【新改訳2017】創世記3章9~10節
9 神である【主】は、人に呼びかけ、彼に言われた。
「あなたはどこにいるのか。」
10 彼は言った。「私は、あなたの足音を園の中で聞いたので、
自分が裸であるのを恐れて、身を隠しています。」

【聖書協会共同訳】創世記3章9~10節
9 神である主は人に声をかけて言われた。「どこにいるのか。」
10 彼は答えた。「私はあなたの足音を園で耳にしました。
私は裸なので、怖くなり、身を隠したのです。」

ט וַיִּקְרָא יְהוָה אֱלֹהִים אֶל־הָאָדָם וַיֹּאמֶר לֹו אַיֶּכָּה׃
י וַיֹּאמֶר אֶת־קֹלְךָ שָׁמַעְתִּי בַּגָּן וָאִירָא כִּי־עֵירֹם אָנֹכִי וָאֵחָבֵא׃

ベレーシート

●ここで神である主は人に対して呼びかけます。その妻に対してはありません。頭首権を持つ夫に対して問い掛けです。9節ではその第一の問い掛けが記されています。その問い掛けに対して、人が答えています。ちなみに、第二と第三の問い掛けは11節でなされます。ここでは第一の問い掛けである「あなたはどこにいるのか」を取り上げます。

1. 主の第一の問いかけ

●「あなたはどこにいるのか」と訳された「アッイェカー」(אַיֶּכָּה)という主の問い掛けはこの箇所だけです。「あなたは」は語尾「カー」(כָּה)で、「どこにいるのか」は「アッイェー」(אַיֵּה)の2人称男性単数です。2人称単数男性で使われているのはこの箇所だけですが、イサクが父アブラハムに「火と薪はありますが、全焼のささげ物にする羊は、どこにいるのですか。」(創22:7)にも使われています。主がカインに「アベルはどこにいるのか」と尋ねたときの「どこにいるのか」は「エー」(אֵי)が使われています。

●神である【主】の御顔を避けて、園の木の間に身を隠した人に対して呼びかけて言われたことばが、「あなたはどこにいるのか」です。人がどこにいるのか、神に分からないはずがありません。「あなたはどこにいるのか」という問いは、本来人がいるべきところがどこか、なぜそこにいるのかを人に気づかせ、神に立ち戻らせようとしているのです。この神の問いを聞いて、神に立ち返る者は幸いです。

●ところが、この神の問いに対して人は隠れた理由を述べています。その理由とは「自分が裸であるのを恐れて、身を隠した」ということです。原文の直訳はこうです。「あなたの声を園の中で私は聞いて恐れました。なぜなら、私が裸だったからです。それで私は隠れたのです。」

●「あなたはどこにいるのか」という神からの問い掛けは、私たちに、自らの罪をはっきりと示します。私たちは、神から「あなたはどこにいるのか」と問われる時に始めて、自分の罪を本当に自覚することができるのです。神との関係において、今自分がどこにいるのかを知ることがとても大切なことなのです。

2. 「恐れ」と「裸である」ことの密接な関係

(1) 「恐れる」という感情

●ここで、「恐れる」(「ヤーレー」יָרֵא)ということばが初めて使われています。「恐れ」の理由は、人が「裸である」であることを知ることと密接な関係にあるということです。「ヤーレー」には「恐れる。こわがる、尊ぶ、(神を」畏敬する」といった意味がありますが、ここでは「自分が裸であることを恐れる」という意味で使われています。「自分が裸である」ということは、自分が無力であるという感覚です。それゆえ、人は何かを身に着けることによって恐れの感情からの逃れようとするのです。サタンの戦略は、人のうたに恐れの感情を植え付け、それを何かで覆うことで自分を防衛するようにさせたことです。しかしそれは恐れから始まっているので、常に恐れが背景にあって人を脅かすのです。「愛」と「恐れ」は互いに反する語彙です。「いのちの木」であるイェシュアだけが、この「恐れ」を締め出すことができるのです。人が「恐れ」に打ち勝つ道は、「いのちの木」であるイェシュアの他にはいません。

【新改訳2017】Ⅰヨハネ4章18節
愛には恐れがありません。全き愛は恐れを締め出します。
恐れには罰が伴い、恐れる者は、愛において全きものとなっていないのです。

※ヨハネ4:18の「愛」は「アハヴァー」(אַהֲבָה)、「恐れ」は「ヤーレー」と同義語の「パハッド」(פַּחַד)が使われています。


(2) 「裸である」という意識

●「裸である」と訳された語彙は形容詞の「ヤーローム」(עָרוֹם)の初出箇所は2章25節です。文字通り、自分を覆うものがない状態であり、人に無力感を生じさせます。それは「死」をイメージさせます。人が「裸である」ことを知って「恐れ」の感情を抱く前には、「恥じる、恥ずかしいと思う」(「ボーシュ」בּוֹשׁ)という感情は少しもありませんでした。ですから、「恥ずかしいとは思わなかった」(創2:25)のです。「裸」「恐れ」による「恥ずかしい」という思い、これに人は支配されることがなかったのです。

●「ヤーローム」(עָרוֹם)は旧約で16回使われていますが、「恐れ」と「恥じる、恥を見る」ことと関連して、比喩的に使われている箇所を引用します。

【新改訳2017】イザヤ20章2~4節
1 アッシリアの王サルゴンによって派遣されたタルタンが、アシュドデに来て、アシュドデと戦って、これを攻め取った年のこと。
2 当時、【主】はアモツの子イザヤによって、すでにこう語っておられた。「行って、あなたの腰の粗布を解き、あなたの足の履き物を脱げ。」彼はそのようにし、裸になり、裸足で歩いていた。
3 【主】は言われた。「わたしのしもべイザヤが、エジプトとクシュに対するしるし、また前兆として、三年間裸になり、裸足で歩いたように、
4 そのように、アッシリアの王はエジプトの捕虜とクシュの捕囚の民を、若い者も年寄りも裸にして、裸足のまま、尻をあらわにして、エジプトの恥をさらしたまま連れて行く。
5 人々は、クシュを頼みとし、エジプトを誇りとしていたゆえに、打ちのめされ、また恥を見る。
6 その日、この海辺の住民(=ペリシテ領にあるアシュドデの住民のこと)は言う。『見よ。アッシリアの王の前から逃れようと、助けを求めて逃げて来たわれわれの拠り所がこの始末だ。われわれは、どうして助かることができるだろうか』と。」

※イザヤは主から「行って、あなたの腰の荒布を解き、あなたの足のはきものを脱げ」と言われ、そのようにして、裸になり、はだしで歩きました。これは預言的行動によるメッセージです。その意味についても主はイザヤに語られました。エルサレムでの三年間の屈辱的な預言的行動によって、イザヤが恥をさらして訴え続けたことは、エジプトの軍事力に頼ることをやめ、神にのみ信頼することでした。ユダの民は神の警告を受け入れ、近隣諸国が受けたよう恥辱を受けることなく守られたのです。

●「裸」に関する他の語義として、女性名詞「エルヴァー」(עֶרְוָה)があります。これは裸(恥部)、恥辱に意味する語彙です。創世記9章のそれは、文字通りの「裸」の恥部を意味し、同じく創世記42章9, 12節は無防備な状態を示す「すき」を意味します。語源は「裸にする、むき出しにする、あばく」を意味する「アーラー」(עָרָה)です。

文字通りの「裸」の例

【新改訳2017】創世記9章22~23節
22 カナンの父ハムは、父のを見て、外にいた二人の兄弟に告げた。
23 それで、セムとヤフェテは上着を取って、自分たち二人の肩に掛け、うしろ向きに歩いて行って、父の裸をおおった。彼らは顔を背け、父のは見なかった。

無防備な状態を示す新約から例

【新改訳2017】ヨハネの黙示録3章17~18節
17 あなたは、自分は富んでいる、豊かになった、足りないものは何もないと言っているが、実はみじめで、哀れで、貧しくて、盲目で、裸であることが分かっていない。
18 わたしはあなたに忠告する。豊かな者となるために、火で精錬された金をわたしから買い、あなたの裸の恥をあらわにしないために着る白い衣を買い、目が見えるようになるために目に塗る目薬を買いなさい。


●さて、今回の創世記3章7, 10, 11節にある「裸」 (「エーローム」עֵירֹם)ですが、その使用頻度は10回です。これは、文字通りの「裸」を意味し(出18:7, 16)、あるいは、生きる上での「あらゆる欠乏」を意味します(申28:48、出14:7, 22, 39)。語源は動詞の「裸にする、覆いが取り払われる」「ウール」(עוּר)が語源です。

2020.6.23
a:186 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional