****** 教会は、ヘブル的ルーツとつぎ合わされることで回復し、完成します。******

3.シナゴーグ礼拝・・バビロン捕囚による<新しい歌>

本論1 旧約時代における「新しい歌」と礼拝様式の変遷<3>

3. シナゴーグ礼拝・・バビロン捕囚による「新しい歌」

◆ソロモンが7年の歳月をかけて築いた神殿は、紀元前586年に破壊され、多くのイスラエルの民はバビロンでの捕囚の身となった。当然それまでなされてきた神殿礼拝は終焉した。詩篇137篇1~2節にはこうしるされている。「バビロンの川のほとり、そこで、私たちはすわり、シオンを思い出して泣いた。その柳の木々に私たちは立琴を掛けた。」とある。神殿を失ったイスラエルの民は、異教の地において、神殿の代わりにシナゴーグを建てた。このシナゴーグ礼拝において人々はモーセ五書を朗読(朗唱)し、祈りを唱え、「新しい歌」としての祈りの歌が生まれた。それは簡素で純粋なものであった。詩篇の中にみられる「みことば賛歌」(19篇、119篇等)もこうした歌の結晶と言える。

powered by Quick Homepage Maker 5.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional