****** 教会は、ヘブル的ルーツとつぎ合わされることで回復し、完成します。******

5.旧約時代の<新しい歌>としての詩篇

本論1 旧約時代における「新しい歌」と礼拝様式の変遷<5>



5. 旧約時代の「新しい歌」としての詩篇


(1) 詩篇の編集形成の過程

◆旧約時代の「新しい歌」はすべて詩篇として集約されている。そうした形に至るまでには何度かの編集作業を経たと考えられる。その多くは、ダビデ・ソロモンの時代に集成されたものと思われる。またヒゼキヤ王やヨシヤ王の礼拝改革の際に補充され、捕囚後に現在の形に編纂されたと考えられる。この間、少なくとも6世紀の年月が費やされている。

(2) 詩篇の奏楽の様式と形態

◆神殿で歌われた「新しい歌」として詩篇の、その旋律と歌の形式、歌い方については、残念ながら今日何も知ることができない。歌と楽器の関係も想像の域を出ない。記録がないからである。


powered by Quick Homepage Maker 5.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional