****** 教会は、ヘブル的ルーツとつぎ合わされることで回復し、完成します。******

「仰せつける」

詩119篇(1) 「仰せつける 」צָוָה ツァーワー

〔カテゴリー愛顧〕

4節「あなたは堅く守るべき戒めを仰せつけられた。」 (新改訳)

Keyword;「仰せつける、命じる、定める」 command, direct, order,  lay down,
119:4, 138/7:6/33:9/42:8/44:4/68:28/71:3/78:5, 23/91:11/105:8/111:9/148:5

  • 「仰せつける」と訳されるツァーワーצָוָה(tsawah)は、旧約で502回、詩篇では15回。その15回のうち詩119篇2回使われています。この動詞が聖書の最初に出てくるのは、創世記2章16節です。「神である主は人に命じて仰せられた。『あなたは園のどの木からも思いのまま食べてよい。しかし、善悪の知識の木からは取って食べてならない。それを取って食べるその時、あなたは必ず死ぬ。』の「命じて」がツァーワーצָוָהです。これは大切な命令として神が人のもとに置かれた教えでした。そこには人として生きる大切な教えを導くものでした。しかし、人はその神である主の教えを守ることなく、それを食べたのでした。
  • 善悪の知識とは、自分で善悪の基準を決めることであり、それはまさに神のように生きることを意味します。神を信頼して従順に生きことの大切さが、神の命じる仰せの中に込められていましたが、それがないがしろにされてしまうことが起こりました。これが原罪と言われるものです。
  • 神が私たち人間に仰せられる命令―そこには最も大切な事柄が含まれているのですが、私たちの方がそれを理解できないのです。アダムは神が「食べてならない」と命じておいた木から食べたことで、土地は呪われ、一生、苦しんで食を得なければならなくなり、その行く末は、ちり帰らなければならなくなってしまいました。
  • 詩119篇4節の「あなたは堅く守るべき戒めを仰せられた」とあるのは、まさに神の恩寵なのです。人間の高慢は人からも神からもなんら指図されたくない、自分の思いのままに生きたい、それが自由だと錯覚していますが、神からの「堅く守るべき戒め」を知らずして、真の自由は得られないのです。ですから、詩119篇の作者は、このことを正しく受留め、感謝しているのです。同119篇138節には「あなたの仰せられる(צָוָה)さとしは、なんと正しく、なんと真実なことでしょう。」と告白しています。
  • モーセは神と人とが会見できる幕屋(あかしの幕屋とも呼ばれます)を造るように命じられました。幕屋には神が私たちとかかわりをもたれるためのありとあらゆる知識がそこに隠されています。それゆえ、モーセは神が命じられたとおりに造らなければなりませんでした。
  • ツァーワーצָוָה(tsawah)のギリシャ語訳はディアタッソー(διατασσω)です。使徒パウロはこのことばを使って、「主も、福音を宣べ伝える者が、福音の働きから生活を得るように定められておられます(διατασσω)」(Ⅰ コリント9:14)と述べています。


powered by Quick Homepage Maker 5.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional