****** 教会は、ヘブル的ルーツとつぎ合わされることで回復し、完成します。******

霊性の神学

霊性の神学

画像の説明

ここでいう「霊性」とは、神との親しい交わり、神の愛の深い体験をもたらす祈りを経験することによって最も大切なことを悟り、あるいは聖霊によるみことばの瞑想の訓練を通して、そこに隠されている最も深い霊的な事柄を悟ることを通して、自分の生き方を選び取って行くこと(行為)です。


A 神との愛の交わりを育てる


A-00 神との愛の交わりを育てる学びの視座  
A-01 霊性の神学の今日的動向
A-02 ライフスタイルとしての Worship & Intercession  
A-03 神と人との交わりの基礎としての三位一体(Trinity)
A-04 交わりの存在としての人間の創造
A-05 交わりのいのちのしるし <1>親密さ
A-06 交わりのいのちのしるし <2>豊かさ
A-07 交わりのいのちのしるし <3>喜 び
A-08 交わりのいのちのしるし <4>自 由
A-09 主との親しい交わりを実現するLife-style<1>
A-10 主との親しい交わりを実現するLife-style<2>
A-11 主との親しい交わりを実現するLife-style<3>
A-12 主との親しい交わりを実現するLife-style<4>
A-13 主との親しい交わりを妨げるもの <1>
A-14 主との親しい交わりを妨げるもの <2>
A-15 神との関係を育てる <1>
A-16 神との関係を育てる <2>
A-17 神との関係を育てる <3>
A-18 神との関係を育てる <4>
A-19 神との関係を育てる <5>

B 人々とのかかわりを育てる


B-00 人々とのかかわりを育てる学びの視座
B-01 神はとりなし手を求めておられる <1>
B-02 神はとりなし手を求めておられる <2>
B-03 イエスのとりなしの教え
B-04 霊的な突破口を開くための祈り
B-05 とりなし手に与えられている霊的な立場
B-06 権威をもって命令する祈り
B-07 御国の鍵としてのイエスの名による祈り
B-08 共同体を建て上げるためのとりなしの祈り
B-09 パウロのとりなしのkeyword<1>Christ’s Love
B-10 パウロのとりなしのkeyword<2>Worthy Life
B-11 パウロのとりなしのkeyword<3>Thanksgiving
B-12 パウロのとりなしのkeyword<4>Peace Maker
B-13 パウロのとりなしのkeyword<5>His Will
B-14 パウロのとりなしのkeyword<6>Excellent
B-15 パウロ自身のためのとりなしの要請

C 社会とのかかわりを育てる


C-00 社会とのかかわりを育てる学びの視座と教会の今日的課題
C-01 仕えるということ
C-02 旧約聖書におけるディアコニア <1>
C-03 旧約聖書におけるディアコニア <2>
C-04 しもべなるキリスト <1>
C-05 しもべなるキリスト <2>
C-06 新約聖書におけるディアコニア <1>
C-07 使徒教父時代におけるディアコニア<2>
C-08 ディアコニア共同体となるために


画像の説明

この挿絵は、京都府在住のクリスチャン、高屋朋子さんの作品です。


a:22548 t:3 y:12

powered by Quick Homepage Maker 5.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional