****** 教会は、ヘブル的ルーツとつぎ合わされることで回復し、完成します。******

交わりのいのちのしるし <3>喜 び

霊性の神学の目次を見る

A-07 交わりのいのちのしるし <3>喜 び

(1) イエスの喜び

  • 「わたしがこれらのことをあなたがたに話したのは、わたしの喜びがあなたがたのうちにありあなたがたの喜びが満たされるためです。」(11節)とイエスが言われたように、<いのちのしるし>の第三は、「満ち溢れる喜び」である。「満ち溢れる喜び」こそ、神の家における親しみがもたらす実り豊かな生活の報酬であり、イエス・キリストと関わりを持つすべての人に、例外なく、約束されているものである。しかし、この喜びを持って生きている人は決して多くはない。
  • ここでいう「喜び」とはなにか。この世における多くの歌の歌詞の中には、喜びにあふれた歌というものは少ない。むしろ、愛の悲しみ、愛を希求する歌が多い。それはなぜか。悲しみは多くの人が共感できるものをもっているからである。その証拠に、人が悲しみを経験すると、悲しい歌を聞きたくなったり、歌いたくなったりする。しかしゴスペルはその反対で、その内容はジーザスに出会った喜び、愛されている喜び、決して失われることのない喜びがあることを歌っている。しかし、多くの人はその歌を歌いながら、その喜びを知らずに歌っている。
  • 弟子たち70人が伝道の旅から喜んで帰って来た。「大成功」だったからである。「主よ、あなたの名を使うと、悪霊どもでさえ、私たちに服従します。」彼らは有頂天だった。そのとき、イエスは弟子たちに「ただあなたがたの名が天に書きしるされていることを喜びなさい。」(ルカ10章17~20節)と言われた。
  • 「あなたの名が天に書きしるされる」とはどういうことか。それは「たとえ地上で大事なものを失っても、ゆるがない喜びと安心を持てること」である。決して見離され、見捨てられることがない安心。たとえ、自分の父、母が私を見捨てたとしても、神は私を見捨てないという安心感、それは、神(父)とのゆるぎない信頼関係を持つことによってのみ与えられる喜びである。たとえ地上のものを失っても、ゆるがない喜びと安心を持っていることを喜ぶこと。それは親しい神との交わりから来るものである。それはまた「聖霊による喜び」という言い方もされる。ともかく、この喜びとこの喜びをもたらしてくださった方を伝えることが伝道である。
  • 「天に」とは、「神に」ということばと同義である。あなたの名が神の心に書き記されているということは、いつもあなたのことを忘れることなく、心に留め、かかわり続けてくださっているということを意味する。そして神の子どもとして特別に扱ってくださるということである。

(2) 喜びはあなたの力となる

  • イエスは、ヨハネ15章9節で、「父がわたしを愛されたように」と言っている。10節には「わたしの父の愛の中にとどまっている」という表現がある。御父と御子の関係は、まさにゆるぎない愛の関係で結ばれていた。そうした愛の家にイエスは私たちを招いておられるが、そこで実際に暮らしてみた者でなければ、その喜びは理解できないかもしれない。
  • その「喜び」というものは、単なる感情的なものではない。もちろん感情的なものを含んではいるが、決して表面的なものではない。それは私たちの存在が無条件に受け入れられていることからくる深い喜びであり、それゆえそれは私たちがどんな困難を乗り越えさせていく力となる。
  • 神とのゆるぎない愛による信頼関係こそ、喜びにあふれて生きる力である。実に、ネヘミヤはいみじくも、「主を喜ぶことはあながたの力である。」(ネヘミヤ8章10節、口語訳)と言った。

(3) あふれるばかりの喜びの油

  • あふれるばかりの喜びの油(ヘブル1章9節)。これがいつもイエスの中に流れていた。これがイエスのミニストリ-の秘訣である。喜びの油が豊かにあること、そしてそれが神の玉座から流れて出て、流れ続けていること、それで私たちは神の愛に燃え、燃え続けていることができる。これが秘訣である。
  • イエスが公生涯に入られる前に洗礼を受けられた時、天から声がした。「これはわたしの愛する子、わたしはこれを喜ぶ。」と。父に愛されているという確信、自分の存在を喜びとして下さっていることの確信、・・これは聖霊の助けを通して与えられる。この確信こそ、「聖霊による喜び」と言える。イエスの公生涯の働きはまさにこの確信の中でなされていった。そしてそれは絶えず祈りの中で再確認されていったのである。
  • 自動車に潤滑油を補充しなければ、やがて運転の最中に突然にエンジンが止まることがあるように、私たちも神への奉仕の中で燃え尽きてしまうことが起こる。「燃え尽きる」のは神の仕事をしないからではない。神の仕事を一生懸命しながら燃え尽きることがある。それは喜びの油が欠如するからである。しかし、喜びの油が流れるならば、燃え尽きることはなくなる。私たちが聖霊によって愛の油を注がれているなら、神は私たちを通して多くの働きをなすことができるのである。


霊性の神学の目次を見る

powered by Quick Homepage Maker 5.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional