****** 教会は、ヘブル的ルーツとつぎ合わされることで回復し、完成します。******

七つのしるしに見るイエスの栄光


仮庵の祭りの瞑想【2012

ヨハネの福音書における「七つのしるし」に見るイエスの栄光の瞑想

画像の説明
  • 2012.9.17から始まる「ロシュ・ハシュナー」(ユダヤの新年)、そして10.1からの「仮庵の祭り」、10.9の「シムラット・トーラー」までの24日間を、自らの瞑想テーマとして「ヨハネの福音書における『七つのしるし』に見るイエスの栄光について」の瞑想を試みたいと思います。準備のあとに、三日に一つの「しるし」を瞑想していきたいと思います。
  • ヨハネの福音書1章14節に「ことばは人となって、私たちの間に住まわれた。私たちはこの方の栄光を見た。父のみもとから来られたひとり子としての栄光である。」とあります。ヨハネは御子イエスの栄光をどのように見たのか。その記録がヨハネの福音書です。特に、その中にある「七つのしるし」はイエスの栄光を現わすしるしです。ここでの「しるし」はすべて奇蹟です。しかしそれは単なる奇蹟ではなく、その奇蹟がある重要な事柄を指し示しているサインとなっている。それがヨハネの福音書の「しるし」と言われるものです。しかもその「しるし」にはイエスの栄光が現わされているのです。
  • 今回、その「七つのしるし」を取り上げながら、そこに秘められたイエスの栄光がどのようなものか、そこにフォーカスして瞑想を試みたいと思います。







2012.9.13


a:17235 t:3 y:11

powered by Quick Homepage Maker 5.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional