****** キリスト教会は、ヘブル的ルーツとつぎ合わされることで回復し、完成します。******

ルツ記(改訂)

一滴の雫シリーズ
画像の説明

「ルツ記の瞑想」(改訂) רוּת


七週の祭り(シャヴオット)の瞑想プラン

小麦.JPG
  • 2011年のペンテコステ、ユダヤでは七週の祭り(シャヴオット)になります。ユダヤ人たちは「シャヴオット」には徹夜でトーラーを学び、シナゴーグではルツ記が朗読されるようです。そこで私たちクリスチャンも、その日をルツ記(1~4章)の瞑想で過ごす試みをプランしました。
  • ルツ記は、異邦人のルツとユダヤ人のボアズとの麗しい出会いと結婚を通して、やがてその子孫からダビデ、そしてイエス・キリストが誕生します。
  • ルツ記は全4章です。1章ずつに2時間の枠を取り、聖書朗読、瞑想、分かち合い、まとめ(文書化)に充てます。実質は2×4=8時間 06:00~22:00、プランとしては、多少変更も可能ですが、大体の目安としては以下の通りです。個人でも可能ですが、主にある者と共になされるなら良い励みとなります。
No.聖書箇所時 間キーワードタイトル
1準備ルツ記の瞑想のための視座(改)
21:01~2206:00~08:00すがりつくルツの堅い決意
32:01~1610:00~12:00はからずもルツとボアズとの出会い
43:01~1814:00~16:00身の落ち着く所ルツの婚活
54:01~1220:00~22:00買い戻しボアズの真実な愛
64:13~22買い戻す者ルツ記の真のゴーエールは誰か


ルツ記における「ヤーシャヴ」(יָשַׁב)
「七週の祭りとその預言的意味」
2020年ペンテコステ記念礼拝(5/31)「教会の奥義」についての聖霊の啓示

ルツ記のヘブル語による朗唱、但し、いずれも第一章のみ。
(1) シャヴオットの祭りで読まれる「ルツ記」を東欧系ユダヤ人の伝承のメロディで、4:55ほど。
(2) 「ルツ記」をモロッコ系ユダヤ人のメロディーで 、6:09ほど



2020.5.29まで(total) 17100
a:913 t:7 y:4

powered by Quick Homepage Maker 5.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional