****** 教会は、ヘブル的ルーツとつぎ合わされることで回復し、完成します。******

詩篇119篇の22の瞑想

詩篇119篇の22の瞑想のキーワード


バルーン
  • フランツ・リスト作曲の「超絶技巧練習曲」に勝るとも劣らない「超絶技巧詩篇」、それがこの詩篇119篇です。そこには見えざる多くの宝が隠されています。
  • 「詩篇119篇に見る求道性(Spiritual Seeking)」(準備中)




  • 図⇒〔付録1〕さまざまな翻訳(新改訳、新共同訳、口語訳、関根訳、岩波訳、フランシスコ会訳)のチャート
  • 以下は、新改訳聖書の訳語です。
(1)みおしえトーラーתּוֹרָהlaw, teaching
(2)さとしエーダーעֵדָהTestemony, statutes
(3)戒め ピックーディームפִּקּוּדִיםprecepts
(4)おきて①ホークחֹקdecrees
(5)おきて②フッカーחֻקָּהdecrees
(6)仰せミツヴァーמִצְוָהcommands
(7)さばきミシュパートמִשְׁפָּטlaws, judgment
(8)定めミシュパートמִשְׁפָּטlaws
(9)みことば①ダーヴァールדָּבָרword
(10)みことば②イムラーאִמְרָהpromise
(11)デレフדֶּרֶךְway
(12)道(小道、途)オーラハאֹרַחpath

画像の説明

  • 詩篇119篇に登場する【みおしえ】とは「トーラー」のことであり、【モーセ五書】を指しています。それを「さとし」「戒め」「おきて」・・・というふうに多様なことばでも言い換えて用いているのです。中心にあるのは「みおしえ」、つまり「トーラー」תּוֹרָה(モーセ五書)です。したがって、モーセ五書の中に神が民を「恋い慕っている」ことに気づかなければ、主体的信仰ははじまりません。この気づきの背景には神の霊が働いているのです。

Ps119seeking







a:20681 t:2 y:10

powered by Quick Homepage Maker 5.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional