****** 教会は、ヘブル的ルーツとつぎ合わされることで回復し完成します。******

仰せ

「仰せ」  ミツヴァー  

画像の説明

  • 「仰せ」と訳された名詞ミツヴァーמִצְוָה(mitswah)は、旧約では181回、詩篇では26回、そのうち詩119篇では22回の使用頻度です。英語ではcommmands, command と訳されています。動詞は「仰せられる」ツァーヴァーצָוָה(tsawah)です。
  • 「仰せ」と訳された名詞ミツヴァーמִצְוָה(mitswah)は、70人訳聖書ではエントレー(έντολή)と訳されています。このギリシャ語は、新約のヨハネの手紙第一5:2「神を愛することは、神の命令(έντολή)守ることです。その命令(έντολή)重荷とはなりません。」に使われています。また、ヨハネの福音書15:12「わたしがあなたがを愛したように、あなたがたも互いに愛し合うこと、これがわたしの戒め(έντολή)です。」
  • 詩篇119篇では「仰せ」と訳されたヘブル語が、新約ではエントレー(έντολή)と訳され、「(神の)命令」とも「戒め」とも訳されています。
  • この動詞が最初に登場するのが創世記2章16節です。「神である主は、人に命じて仰せられた(צָוָה)。『あなたは、園のどの木からでも思いのままに食べてよい。しかし、・・・』と。
  • 次に使われているのは、3:11「すると仰せになった。あなたが裸であるのを、だれがあなたに教えたのか。・・」3:17「また、アダムに仰せられた。『あなたが・・したので、土地はのろわれてしまった。あなたは、一生、苦しんで食を食べなければならない。・・・』」
  • 神の「仰せ」(ミツヴァーמִצְוָה)とは、日常の行動の細々とした指針というよりも、幹となるような太い命令を意味します。それは、人が本来自由に生きることができるために与えた神の愛の忠告であり命令でした。神のご支配の中で「思いのまま食べてよい」とあるように、自由をもって生きるための命令であり忠告です。ところが人はその神の愛の忠告(命令)を聞かなかったために、罪に堕ち、呪いを受けてしまったのです。バビロンの地において捕囚となった神の民は新しく神の愛の忠告(命令)にしっかりと心を留め、耳を傾けるようになったのです。その息づかいが以下の聖句から感じられます。またメシア王国においては、私たちはメシアのご支配の中で、私たちに与えられている神からの賜物を思いのまま用いることができるのです。アインシュタインですら、脳の5%しか使っていなかったと言われています。御国においては、それ以上の能力が開花され、用いられるはずなのです。

【新改訳改訂第3版】

詩 19:8
【主】の戒めは正しくて、人の心を喜ばせ、【主】の仰せはきよくて、人の目を明るくする。
詩 78:7
彼らが神に信頼し、神のみわざを忘れず、その仰せを守るためである。
詩 89:31
また、もし彼らがわたしのおきてを破り、わたしの命令(מִצְוָה)を守らないならば、
詩 112:1
ハレルヤ。幸いなことよ。【主】を恐れ、その仰せを大いに喜ぶ人は。


詩 119:6
そうすれば、私はあなたのすべての仰せを見ても恥じることがないでしょう。
詩 119:10
私は心を尽くしてあなたを尋ね求めています。どうか私が、あなたの仰せから迷い出ないようにしてください。
詩 119:19
私は地では旅人です。あなたの仰せを私に隠さないでください。
詩 119:21
あなたは、あなたの仰せから迷い出る高ぶる者、のろわるべき者をお叱りになります。
詩 119:32
私はあなたの仰せの道を走ります。あなたが、私の心を広くしてくださるからです。
詩 119:35
私に、あなたの仰せの道を踏み行かせてください。私はその道を喜んでいますから。
詩 119:47
私は、あなたの仰せを喜びとします。それは私の愛するものです。
詩 119:48
私は私の愛するあなたの仰せに手を差し伸べ、あなたのおきてに思いを潜めましょう。
詩 119:60
私は急いで、ためらわずに、あなたの仰せを守りました。
詩 119:66
よい分別と知識を私に教えてください。私はあなたの仰せを信じていますから。
詩 119:73
あなたの御手が私を造り、私を形造りました。どうか私に、悟りを与えてください。私があなたの仰せを学ぶようにしてください。
詩 119:86
あなたの仰せはことごとく真実です。彼らは偽りごとをもって私を迫害しています。どうか私を助けてください。
詩 119:96
私は、すべての全きものにも、終わりのあることを見ました。しかし、あなたの仰せは、すばらしく広いのです。
詩 119:98
あなたの仰せは、私を私の敵よりも賢くします。それはとこしえに、私のものだからです。
詩 119:115
悪を行う者どもよ。私から離れて行け。私は、わが神の仰せを守る。
詩 119:127
それゆえ、私は、金よりも、純金よりも、あなたの仰せを愛します。
詩 119:131
私は口を大きくあけて、あえぎました。あなたの仰せを愛したからです。
詩 119:138
あなたの仰せられるさとしは、なんと正しく、なんと真実なことでしょう。
詩 119:143
苦難と窮乏とが私に襲いかかっています。しかしあなたの仰せは、私の喜びです。
詩 119:151
しかし、【主】よ。あなたは私に近くおられます。あなたの仰せはことごとくまことです。
詩 119:166
私はあなたの救いを待ち望んでいます。【主】よ。私はあなたの仰せを行っています。
詩 119:172
私の舌はあなたのみことばを歌うようにしてください。あなたの仰せはことごとく正しいから。
詩 119:176
私は、滅びる羊のように、迷い出ました。どうかあなたのしもべを捜し求めてください。私はあなたの仰せを忘れません。


powered by Quick Homepage Maker 5.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional